魚の体を掃除するエビと顧客である魚たちが、お互いに特別な合図を使っておねだりしていることが最新の研究で明らかになった。

 テレビのCMには、動物を使ったものも数多い。一方で、自分自身を売り込む活動をする動物は、いったいどのくらいいるのだろうか。

 6月27日付けの学術誌「米国王立協会紀要B」に、そんな動物に関する研究結果が発表された。しかも、異なる種がお互いにリクエストしあうというものだ。論文によると、クリーナーシュリンプ(魚の体についた寄生虫などを食べるエビの総称)の1種であるカリブ海のぺダーソンシュリンプ(Ancylomenes pedersoni)は、派手な縞模様と触角の動きで、顧客である魚に向かって自分たちのサービスをアピールする。また魚の方も、独自のやり方で体を掃除して欲しいと伝えているという。(参考記事:「掃除魚のオスは違反者のメスを罰する」

海の中の「おしゃべり」

 米デューク大学の博士研究員、エレナー・ケイブズ氏の研究チームは、オランダ領キュラソー島にある観察所で、エビと10種の魚が出会うところを、199回にわたって分析した。最も多く観測された魚は、ベニヒメジの仲間であるスポッテッドゴートフィッシュ(Pseudupeneus maculatus)と、ニザダイの仲間のオーシャンサージョン(Acanthurus bahianus)だった。

 魚がエビに近づいて体を動かさずにじっとすると、エビは触角を振って、掃除をする意志がある(そしておいしい寄生虫のご飯にありつく)ことを伝える。すると魚は通常、体色を暗く変化させて、掃除をして欲しいという意志を示す。

 触角を振ったエビのうち、やってきた魚の寄生虫を掃除したのは8割にのぼった。エビが触角を振らなかったとしても、魚がすぐに体色を暗く変化させると、掃除をしてもらえる確率は3倍になった。

 クリーナーシュリンプは色を認識できず、グレースケールで見ていると思われるため、魚の暗い体色はよく目立つ合図になるとケイブズ氏は言う。研究所の水槽にiPadを立てかけて、明暗両方の三角形、円形、四角形を映し出して見せたところ、エビは暗い方の図形を掃除しようとすることが多かった。(参考記事:「キリンにぶら下がって寝る鳥が見つかる」

【関連ギャラリー】動物たちの寝顔にホッとする 写真24点
巣穴で眠るホッキョクギツネ。(Photograph by Ashley Falls, National Geographic Your Shot)

次ページ:寄生虫を食べ、傷も治りやすく

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

初版限定ポストカード付き絵画のような水中の絶景を、世界中から集めた写真集

定価:本体3,200円+税