タイタニック号、5500点以上の遺物は誰の手に?

遺物引き揚げ会社が破産、英博物館と民間投資家が買収めぐり対立

2018.07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギャラリー:海底で眠るタイタニック号、写真9点(画像クリックでギャラリーページへ)
北大西洋の海底で眠るタイタニック号の錆びついた船首部分。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 1912年4月の極寒の夜、1500人以上の乗客乗員を乗せたまま海へ沈んだタイタニック号は、今も北大西洋の海底に眠っている。米国の民間企業、RMSタイタニック社は、1987年からタイタニック号の遺物回収を続け、船体の一部から食器に至るまで、これまでに5500点以上を集めてきた。(参考記事:「タイタニック 沈没の真実」

 ところが2016年、同社とその親会社であるプレミア・エキシビションズ社が破産申請を行った。そこで気になるのは、タイタニック号の遺物が今後どうなってしまうのかということだ。現在、その遺物を祖国へ持ち帰ろうと、英国にある複数の博物館が協力してこの会社の買収を申請している。

タイタニックの故郷が買収提案

 6月29日に裁判所へ提出された申請書によると、英国立海洋博物館と国立北アイルランド博物館は、向こう数カ月間をかけて1920万ドル(約21億円)を集め、プレミア・エキシビションズ社とそのタイタニック・コレクションを買い取りたいと申し出た。(参考記事:「大富豪はどうやって戦艦「武蔵」を発見したか」

 博物館グループは、タイタニックの遺物を共同所有して保全に取り組む。そして北アイルランドにあるタイタニック造船所の隣に建てられたタイタニック・ベルファスト博物館で、その多くを展示する計画を立てている。プレミア社のタイタニック関連以外の財産は、展示企画会社ラニング・サブウェイに売り渡される。プレミア社の債権者も、この提案を支持している。

 タイタニック・ベルファスト博物館の副会長コーナル・ハーベイ氏は「遺物を永続的に公有物とし、世界中の人々が見られるようにすることが、我々の提案の本質です。そして、あの不幸な出来事によって命を落とした人々に敬意を払いたいと思います。遺物を不適切に扱う人々の手に渡るようなことがあってはなりません」とコメントした。

【動画】タイタニック号の歴史(解説は英語です)
氷山から人的ミスまで、複数の要因が重なって、「不沈船」と呼ばれたタイタニック号は沈没した。事故までの一連の出来事、その後成立した法律、そして約75年後に船が発見されるまで。

 また、国立海洋博物館の館長ケビン・フュースター氏も言う。「もしここで買い取って保存しなければ、コレクションはバラバラにされてしまう可能性が高い。そんなことになれば、もう二度と取り戻すことができなくなり、コレクションは永遠に失われてしまうでしょう」

 買収を希望しているのは英国の博物館だけではない。6月15日、香港の投資会社パックブリッジ・キャピタル・パートナーズ、米国の未公開株式投資会社アルタ・ファンダメンタル・アドバイザーズとアポロ・グローバル・マネジメント(その資産に、米大手ピザチェーン店やフェニックス大学などがある)を含むプレミア社の既存の株主団体も名乗りを上げている。このほかにも、プレミア社の持分証券所有者を代表する委員会が、遺物をバラバラにして一部を競売にかけるよう提案している。

 7月25日の審問で、裁判所はどの提案を受け入れるかを決定すると見られている。

次ページ:遺物の回収に賛否、発見者の見解は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加