馬の歯の治療痕が示す3000年前の技術革新

古代モンゴルの馬の歯を抜く行為が、社会や歴史に大きな影響をもたらした

2018.07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若い馬から「狼歯」とも呼ばれる最初の小臼歯を抜くことは、モンゴルで2500年以上にわたって行われている慣習だ。(PHOTOGRAPH BY DIMITRI STASZEWSKI, ORIGINS OF EQUINE DENTISTRY)
[画像のクリックで拡大表示]

 人と同じように、馬にも歯のトラブルがある。そんな時、馬は怒りっぽくなり、家畜としての生産性は下がってしまう。今から3000年以上も前、モンゴルの人たちは、いつでも馬が良いコンディションでいられるよう、今でいう歯科治療を馬に施していたようだ。今回、それを裏付ける考古学的証拠が、2018年7月2日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された。

 考古学者たちは、草原に葬られた古代の馬の頭蓋骨を発掘し分析した。その結果、当初は石器をのこぎりのように使って馬の歯を切り落としていたことがわかった。さらに時代が進むと、馬に噛ませる金属製の馬具の邪魔になる歯を抜いていたことも判明した(この調査は、米ナショナル ジオグラフィック協会も支援している)。

 支援を受けたドイツ、マックス・プランク人類史学研究所の考古学者、ウィリアム・テイラー氏によると、このような馬の健康管理における「大きな技術革新」は、「人が馬に乗り始めた頃に登場した」という。テイラー氏の発見から、遊牧民が馬の歯の手入れをするようになったことで、馬で遠くまで移動できるようになり、のちには軍事に欠かせない武器として馬を利用できるまでになったと考えられる。

快適に馬に乗るために

 モンゴルの大草原の遊牧民は、中世にチンギス・ハーンに征服される前から、何千年にもわたって馬を飼っていた。馬がいつ家畜化されたのかについて正確な時期には諸説あるものの、5000年以上前のユーラシア大陸で馬が家畜となったことに関しては論をまたない。

 ただ、馬の家畜化を示す物的証拠は、紀元前1300〜700年ごろのモンゴル青銅器時代に作られた「鹿石」や「ヘレクスル」と呼ばれる墓地に残るものが最古だ。この墓地のまわりには、犠牲として捧げられた数十頭、ときには数百頭の馬が埋葬されていた。

 テイラー氏のチームは、2015年に鹿石の調査に取りかかった。同氏は、「歯を通して、馬による移動を調べたかったのです」と述べている。2016年には、骨や歯の摩耗の仕方から、鹿石に埋葬された馬には実際に騎乗用の馬具がつけられていたことを発表した。しかし、テイラー氏のチームは、人が直接関わっていた別の証拠にも気付く。

 今回の論文によると、青銅器時代の若い馬から、横向きになった門歯の一部が切り取られていた例が二つ見つかっている。最古のものは、ウグームルという遺跡から見つかった紀元前1150年ごろのもので、世界最古の動物の歯科施術の証拠だという。

次ページ:人類史上の大きな技術革新である理由

おすすめ関連書籍

羽毛恐竜と巨大昆虫

7つの謎で解き明かす太古の世界

3億~1億2000万年前の恐竜・昆虫・哺乳類の姿をいきいきと再現!

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加