【動画】光る生きもの、鉄道虫からカラスザメまで

いったいどうやって、そしてなぜ光るのか

2018.07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まるで夜闇を走る電車のような鉄道虫。敵への警告として闇の中で体を光らせる。

 毎年7月4日の独立記念日に打ち上げられる花火は米国の夏の風物詩だが、動物の中には、1年中、自らの体を使って光のショーを繰り広げるものたちがいる。まるで生きた花火のように、夜の闇を照らす彼らは、いったいどうやって、そしてなぜそんなことをするのだろうか。(参考記事:「アメリカ独立記念日、俗説の真相」

鉄道虫

 ホノオムシ科の甲虫たちは、幼虫のような形のメスの体にともる光が、夜間、電車の窓からこぼれる明かりのようだとして、通称「鉄道虫」と呼ばれるようになった。

 成体のメスが幼虫のような見た目なのは、「安定した生態系で暮らしており、あちこちに分散して子孫を残すための翅が必要がなかったので、より多くの卵を持てるような体になったのかもしれません」と、米バージニア大学の昆虫学者、ポール・マレク氏は言う。オスは通常の甲虫の成体らしい形に、華やかな「ガのような触角とハエのような翅」を持つ。

 光るのは、成虫のメスと幼虫だけだ。他の多くの発光する生物と同じように、ルシフェリンという発光物質とルシフェラーゼという酵素が反応して光が発せられる。(参考記事:「光る生き物の世界」

 メスたちは黄緑がかった光を調節することによって、自らが毒を持つことを捕食者に知らせている。

 ブラジルに生息するいくつかの種は、頭部に赤い「ヘッドランプ」のような部分を持つ。マレク氏によれば、多くの昆虫は赤色を知覚できないが、鉄道虫はできると考えられている。赤いヘッドランプで周囲を照らすことによって、相手から見つかることなく、エサとなる虫を発見できるのだ。

【関連ギャラリー】蛍光に光る海の生きものたち 写真8点(写真クリックでギャラリーページへ)
深海に棲むクサリトラザメ(Scyliorhinus retifer)。生物蛍光を示す魚が時折持つ、青色光をカットする黄色のフィルターがなければ、こうした蛍光色は見られない。(PHOTOGRAPH BY DAVID GRUBER AND VINCENT PIERIBONE)

「青い幽霊」ホタル

「青い幽霊」の名を持つホタルの仲間、「ブルーゴースト・ファイヤーフライ (Phausis reticulata)」も、やはりメスが幼虫のような形をしている。ただしマレク氏によれば、彼らが生物発光を利用するのは交尾のためだ。

 緑がかった光を放つ彼らは、東は米東部のアパラチア山脈周辺から、西はテキサス州にかけて広く生息する。メスを見つけるため、オスは発光しながら森の中をゆっくりと飛び回る。メスは体を光らせるうえ、フェロモンも放出すると考えられている。

次ページ:カラスザメ、ハワイミミイカ、クシクラゲ

おすすめ関連書籍

光る生き物の世界

発光生物を求めて

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加