珍しい肉食コウモリ、大きな爪で獲物捕らえる

コウモリ全体の1%未満、ウーリーヘラコウモリの謎の生態を調査した

2018.07.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特集フォトギャラリー5点(画像クリックでリンクします)
月夜に羽ばたくウーリーヘラコウモリ。目的は今夜の獲物だ。メキシコのユカタン半島にすむネズミなどの小動物にとって、夜間は肉食のコウモリに襲われる危険が高い時間帯だ。PHOTOGRAPH BY ANAND VARMA

 メキシコ南東部、古代マヤの寺院に肉食のコウモリがすんでいる。

 このコウモリたちは、ほかの種のように数千匹単位の群れをつくることはない。「彼らは常に小さな群れで行動し、仲間を大事に守ります」と教えてくれたのは、メキシコのコウモリ研究の第一人者で、メキシコ国立自治大学の教授を務めるロドリゴ・メデジンだ。

 メデジンは、1匹を虫取り網で捕まえると、私たちに見せてくれた。ふわふわの毛に覆われた体はぬいぐるみのようにかわいらしいが、とがった鼻と鋭い歯は恐ろしげだ。歯をガチガチと鳴らして抗議の意思を示している。メデジンが翼をそっと広げて、コウモリの親指を見せる。その先端には、鋭いかぎ爪がついていた。

「この爪で獲物を捕らえるのです」とメデジンが言った。爪の大きさから見て、獲物が蚊でないことは明らかだ。げっ歯類や小型の鳥、さらには、ほかの種のコウモリまで食べるという。

コウモリも食べる

 肉食のコウモリは、チスイコウモリと違って動物の血液を吸うことはない。世界各地の熱帯地方に少数ながら生息していて、そのうち、南北米大陸には昆虫や植物を食べるヘラコウモリ科の仲間に肉を食べる種がいる。しかし、こうした肉食の種はコウモリ全体の1%にも満たない。

 メキシコ南部からボリビアやブラジルにかけて、2種の肉食コウモリが見つかっている。マヤの寺院にいたウーリーヘラコウモリ(Chrotopterus auritus)と、チスイコウモリモドキ(Vampyrum spectrum)だ。後者は翼を広げると1メートルに達するものもいる。メキシコでは、こうした肉食コウモリの生息地である多雨林が危機にさらされていることから、生態の解明が急がれているのだ。

 ウーリーヘラコウモリについては、ほとんど生態が知られていない。メデジンは先ほど見つけた6匹をすべて捕まえると、寺院の外へ持ち出し、身体測定をした。雄が4匹、雌が2匹で、うち1匹は身ごもっていた。コウモリ同士の関係を調べるため、それぞれの翼からごく小さな皮膚の検体を切り取り、研究室へ送って遺伝子を分析する。妊娠中の雌を含む3匹に小型のGPS装置も取り付けた。狩りに関する情報を集めるためだ。

 ねぐらの床には、ネズミの死骸が転がっていた。「外である程度、腹を満たしてから、最後の獲物を持ち帰るのだと思います」とメデジンは言う。持ち帰った獲物は、授乳中の雌などに与えられることが多い。「何時にねぐらを出発し、どこへ行くのか。誰が誰に餌を与え、どういうメンバーで行動するのか調べています」

 食事内容の手がかりは、寺院内にある食べ残しや糞から集める。「見てください」。メデジンが驚いた様子で、腐敗しかけた子ネズミの死骸を拾い上げた。「普通なら平らげるのに、こんなに食べ残している。骨や足の爪、尾まで食べることもあるんです」。セミや鳥、黄色いチョウを食べた形跡もあった。「いつもは、ほかの種のコウモリの翼も落ちているんですよ」

 ウーリーヘラコウモリは、ある珍しい種のコウモリをよく食べるという。彼らがなぜその種を好み、どうやって探し出すのか、メデジンは解明しようとしている。メキシコでは、こうした肉食コウモリの生息地である多雨林が危機にさらされていることから、生態の解明が急がれているのだ。

※ナショナル ジオグラフィック7月号「動物を狩る 闇夜のコウモリ」では、メキシコにすむ肉食コウモリの謎の生態に迫ります。

文=バージニア・モレル/ジャーナリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加