土星の衛星エンケラドスに有機高分子、初めて検出

地球外生命の排泄物か、「早く調べに行くべき」と研究者

2018.06.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAの土星探査機カッシーニが撮影したエンケラドスの間欠泉。間欠泉からは氷状の物質が噴出している。(PHOTOGRAPH BY NASA, JPL-CALTECH/SPACE SCIENCE INSTITUTE)
[画像のクリックで拡大表示]

 土星の小さな衛星エンケラドスには間欠泉があり、宇宙空間に向けて海水を噴き上げている。海水には水、塩、シリカ(二酸化ケイ素)、炭素を含む単純な化合物など興味深い物質が含まれていて、その多くは生命の素材である。

 そして今回、すでに運用を終えた土星探査機のデータを解析している科学者たちは、さらに面白そうな物質を発見し、6月28日付け科学誌『ネイチャー』に発表した。数百個の原子が環状や鎖状に並んだ有機高分子だ。

 これまで太陽系で地球外生命が見つかる可能性が最も高いのは木星の衛星エウロパだろうと考えられてきたが、エンケラドスが取って代わることになるかもしれない。(参考記事:「【解説】木星の衛星エウロパに間欠泉、ほぼ確実」

「私たちは、地球外生命を探しに行くならエンケラドスがうってつけの場所であることと、エンケラドスの海には今でも微生物が生きているかもしれないことを知ったのです」と、米コーネル大学のジョナサン・ルニーン博士は言う。

地球外生命探しに有力な素材

 2005年末、土星探査機カッシーニは、エンケラドスの南極領域から氷のジェットが噴き出しているのを発見して、科学者たちを驚かせた。ジェットはエンケラドスの表面を覆う氷の殻の割れ目から噴き出していて、氷の下に広がる海の水を含んでいる。科学者たちはジェットを調べ、海水の塩分濃度や酸性度を計算することで、メタンなどの簡単な有機化合物も含まれていることを明らかにしたほか、海底の熱水噴出孔が熱とエネルギーを供給していることを突き止めてきた。(参考記事:「土星の衛星エンケラドスに生命はぐくむ素材」

 今回新たに検出された複雑な分子は、どのようにしてできたのだろう? 生物と無関係な化学反応によってできたのだろうか? それとも地球外生命の排泄物なのだろうか?

「現時点ではわかりません。わかっているのはただ、エンケラドスで複雑な有機化学反応が起きていて、宇宙からそれを探ることができるということだけです」と、今回の論文を執筆したドイツ、ハイデルベルク大学のフランク・ポストベルク氏は言う。

「エンケラドスはカッシーニに高濃度の有機物をたっぷり与えてくれたのです。すばらしい発見です」

次ページ:探査機カッシーニが残した宝

おすすめ関連書籍

宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加