オーストラリア、ネプチューン諸島周辺の海を泳ぐホホジロザメ。(PHOTOGRAPH BY BRIAN J. SKERRY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ホホジロザメの生活は、その悪名の高さにもかかわらず、まだよくわかっていない。(参考記事:「ホホジロザメ 有名だけど、謎だらけ」

・主にどこで時間を過ごしているのか?
・彼らの不思議な動きは何によるものなのか?
・幼魚のころは餌の多い沿岸にいることが多いのに、成魚になると遠い外洋に向かっていくのはなぜか?

 これらの疑問に対し、新たな研究成果が手がかりを与えてくれた。

 学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に最近掲載された研究で、科学者チームは高精度の衛星発信器(サテライトタグ)を使い、2匹のメスのホホジロザメ「メアリー・リー」「リディア」を大西洋西部で追跡した。その結果、2匹が外洋に出ると、高気圧性渦と呼ばれる暖水渦に潜って長時間を過ごしていることが判明した。全体として、4分の3以上の時間をこうした渦の中で過ごしているらしい。(参考記事:「サメはクラシックよりジャズが好き、餌で「学習」」

 著者の1人で、マサチューセッツ工科大学(MIT)とウッズホール海洋研究所の博士課程学生であるカムリン・ブラウン氏によると、2匹のサメは、追跡した日数の最大40%を水深600フィート(約183メートル)以深で過ごしていたという。

 これは研究チームにとって驚きの結果だった。一般に、こうした暖水の渦は生物があまり多くないと考えられており、したがって獲物も少ないはずだからだ。

「当初、みんな首をかしげていました」とブラウン氏は振り返る。

獲物の宝庫「トワイライトゾーン」

 だが、最近の研究により、これまでの見解は修正を迫られている。

 一見、生命にあふれているようには見えない場所も、科学者たちが詳しく調べた結果、予想よりもずっと多くのことがわかってきている。

 2014年のある研究では、「トワイライトゾーン」という水深200~1000メートルにいる魚の量は、従来推定の10倍に上ると見積もっている。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、世界中のトワイライトゾーンのバイオマス(生物量=一定範囲内の生物の現存量、ここでは魚の量のこと)は、地球上の海産物の漁獲量の100倍に等しいという。

 また、大西洋のさまざまな地点でバイオマスを推定した別の研究では、暖水の渦で値が最も高くなることがわかっている。(参考記事:「若いホホジロザメの主な死因は漁網、研究成果」

【関連ギャラリー】恐ろしくも美しきサメ、10選(画像クリックでギャラリーページへ)

次ページ:ホホジロザメをリアルタイムで追跡

おすすめ関連書籍

海に生きるいのち

ナショジオの水中・海洋写真家の巨匠デビッド・デュビレとポール・ニックレンの2人が撮った、海の生きものの傑作写真集。

定価:本体1,850円+税