【動画】かわいい! イリナキウサギの超希少映像

テディベアのような顔にまんまるモフモフの体、中国の絶滅危惧種

2018.06.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウサギ、ハムスター、そして、ぬいぐるみのテディベアにも勝るかわいらしさ。それが、イリナキウサギだ。

 中国北西部の天山山脈に固有のイリナキウサギ(Ochotona iliensis)は、1983年に発見された。思わず歓声を上げたくなるその姿は、発見以来、数えるほどしか目撃されていない。そんな中、カメラトラップ(自動撮影装置)による映像が新たに撮影され、謎の多い生きものの暮らしを垣間見せてくれている。(参考記事:「【動画】謎多き野生ネコ、中国の森で撮影に成功」

 イリナキウサギは最大でも体長20センチほど。生息地である岩場の隅や割れ目をすみかにしているため、探しに行ってもなかなか見つけられない。しかも、社交的とは言えない性格と保護色の毛が加わるわけで、目撃例がほとんどなかったのは当然だ。

 2014年のこと。新疆生態・地理研究所の科学者で、イリナキウサギを発見したリー・ウェイドン氏が岩ばかりの一帯を探し回っていたところ、大きな幸運に恵まれた。米アリゾナ州立大学の保全生物学者、アンドリュー・スミス氏によれば、ブーツを履いたリー氏の足の真ん前を、1匹がさっと横切って行ったという。その動物は垂直な岩壁を駆け上がり、とっさに写真を撮るリー氏の前でポーズを取った。約20年ぶりの、生きたイリナキウサギの目撃例だった。(参考記事:「超絶かわいいナキウサギを撮影、20年ぶりの発見」

 同じ年、リー氏は有志のチームと共に、イリナキウサギがひっそり暮らしていそうな場所に、動くものを自動撮影するカメラの設置を始めた。2008年から国際自然保護連合(IUCN)に「絶滅危惧種(Endangered)」と指定されているこの動物の活動を把握するためだ。

「より多くの目で見るようなものです。カメラは常に作動していますから」とスミス氏。同氏は、イリナキウサギに関する複数の論文をリー氏と共に執筆している。(参考記事:「【動画】絶滅危惧のユキヒョウ、赤ちゃん2頭を撮影」

 そのかいあって、冒頭の映像がこのほど撮影された。研究者たちがイリナキウサギの生態や活動を解明する助けとなり、小さな毛糸玉のようなこの生きものを、今より効果的に保護するのにも役立つかもしれない。(参考記事:「幻のジャングル犬の親子を撮影、おそらく初」

「ただし問題は、20年間で1個体を見かけても、何が起こっているかを正しく記述できるようにはならないということです」とスミス氏は話している。

飼い犬が新たな危険に

 ナキウサギの保護は差し迫った課題だ。少し例を挙げるだけでも、天敵、生息地を侵食する人間活動、気候変動など、多くの脅威に直面している。(参考記事:「ナキウサギ、“食糞”で温暖化に適応」

 発見当初、イリナキウサギの目撃例は、標高3350メートルよりも低いところに限られていた。だが、中国北西部での気温の上昇により、最高で約4000メートルという、より高い岩場へとイリナキウサギは移っているらしい。

 また、現在、標高の高い高原へと牧畜農家が広がっており、これまでのところ、イリナキウサギが移動できるのはより高い所だけだ。

 イリナキウサギにとって新たな危険となりうるのが、牧畜家が飼っている犬種のマスティフだとスミス氏は話した。日中は鎖でつないであるが、夜はオオカミを寄せ付けないよう、自由にされる。(参考記事:「マスティフの写真を見る」

 夜にうろつく間、マスティフはナキウサギを狩って軽食にしてしまうかもしれない。「コストコのドッグフードは与えられていませんから」とスミス氏は指摘する。だが今のところ、捕食されている直接の証拠はないと注意を促した。

 同時に、リー氏やスミス氏、そして保護活動家たちは、地元住民たちの啓発やイリナキウサギの生息地保護にも努めている。(参考記事:「救わなきゃ!と思ったら」

【参考ギャラリー】ついムギューっとしたくなる動物たち 写真10点(写真クリックでギャラリーページへ)
生後4週のベンガルヤマネコのオス。アムールヒョウは近絶滅種に指定されているが、ベンガルヤマネコは今のところ絶滅の心配はない。 (PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

文=Maya Wei-Haas/訳=高野夏美

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加