【動画】驚異の極小ロボ、磁石で操作、体内でも?

シリコーンゴムの「ソフトロボット」、MITが開発、医療への応用に期待

2018.06.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】MITが開発した磁石で動く極小「ソフトロボット」。医療への応用などが期待されている。(字幕は英語です)

 近い将来、人の体の中で小さなロボットを磁石で動かして、治療をしたり組織を採取したりする日が来るかもしれない。変形までする「ソフトロボット」を開発した米マサチューセッツ工科大学(MIT)の面々は、そんな使い方を思い描いている。

 このロボットについての論文は、6月13日付けの学術誌「ネイチャー」で発表された。磁石をひと振りするだけで、ロボットは狭い場所を転がって移動したり、ジャンプしたり、這い回ったりする。製作には3Dプリンターを使用した。MITのチームは、さらに強力で高機能のものを作り、医療分野や放射性物質の除去などに役立てたいと考えている。

「このロボットをより強力にするために、もっと強い力が得られる新しい“磁気インク”を設計しています」と、論文の共著者であるジュアンヘ・ジャオ氏は述べている。(参考記事:「【動画】魚に擬態する水中ロボ、米MITが開発」

どうやって動かすのか

 まず、目指す機能を発揮するように、それぞれのロボットの形状と構造を設計する。そして、3Dプリンターを使って、シリコーンゴムで成型する。

 このロボットの設計には、3Dプリンターの技術が欠かせないとジャオ氏はいう。磁気を帯びる微粒子が素材に行き渡るよう、注意深く埋め込む必要があるからだ。

 3Dプリンターで成型時に、コンピューターのプログラムを使って、特定の部分の微粒子を一定の方向に揃うように配置すると、磁石を使ってねらいどおりに操れるようになる。単純な動きなら、近くで磁石を振るだけでいい。同時に複数の方向に磁力をかけられる特別な磁気室の中でなら、さらに複雑な動きをさせられるという。(参考記事:「【動画】生きた筋肉で動くロボット開発、東大」

次ページ:なぜ磁石を使うのか

おすすめ関連書籍

ロボットの歴史を作ったロボット100

懐かしのロボットから、最新のロボットまで!人類の友として、敵として、助手として、あの活躍にわくわくしたロボットが勢揃い。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加