【動画】子ゾウが池の前で躊躇、仕草が話題

入ろうか、入っていいのか、葛藤したときの無意識の行動か

2018.06.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】池に入ろうかな、入っていいのかな、うーん。(解説は英語です)

 居心地が悪い、あるいは自信がないというとき、誰でも無意識のしぐさをする。あくびをする人もいれば、頭をかいたり、顔を覆ったりする人もいるだろう。ゾウの子どもにも、不安や自信のなさを表す行動があるらしい。

 動画は、南アフリカ共和国のアド・エレファント国立公園で最近撮影されたもの。幼いゾウがヘリコプターの羽根のように鼻をぐるぐる振り回す様子が映っている。(参考記事:「群衆に火をつけられ、逃げるゾウの親子」

 このゾウの愛称は「ハッピー」。ハッピーは家族と一緒に水を飲んだり泳いだりしようと、池に近づいていたのだが、ここから水に入ることができずにいた。その時だ。ハッピーが鼻をヘリコプターの羽根のように回し始めた。(参考記事:「【動画】子ゾウが溺れる!! 母親ゾウが必死の救出」

 この動画について、ゾウの行動の専門家でナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるジョイス・プール氏に意見を求めた。プール氏はEメールで、「これは一般的な行動で、鼻の操り方や使い方を学んでいる途中のゾウに最もよく見られます」と述べている。

 この短い場面を深読みしすぎない方がいいと注意を促しつつ、プール氏はこう続けた。「このゾウの年齢からすると、動物が葛藤した際に見せる『転位行動』だったのかもしれません。池に入りたいけれど、社会の力関係がよくわからなかったということです。次に取る行動に確信が持てないとき、ゾウは鼻を巻いたり、足を振り上げたりします」(参考記事:「【動画】閉じた踏切を渡るゾウ、驚きの行動を解説」

 したがって、この子ゾウが気まずい思いをしていたと断言することはできない。遊び好きのゾウたちについて学ぶ楽しみは、まだまだ尽きないということだ。

ギャラリー:カユくてたまらない!動物たちの傑作写真30点(画像クリックでギャラリーページへ)
子ギツネ。(Photograph by Charles French, National Geographic Your Shot)

文=Richie Hertzberg/訳=高野夏美

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

美しい写真とともに読む、心に残る60話

定価:本体2,300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加