どちらが清潔? 人とチンパンジーのベッド

人工的な環境はどれほど清潔で健康的なのか、最新研究

2018.05.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッドでくつろぐチンパンジー。ナイジェリア、クロスリバー州にて。(PHOTOGRAPH BY CYRIL RUOSO, MINDEN PICTURES/NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

「臭い手で触るな、汚らわしい猿め!」

 1968年の名作映画『猿の惑星』でチャールトン・ヘストンが放った台詞は、最も近縁の哺乳類に対して人々がつい抱きがちなイメージを端的に表している。

「臭い」「汚い」だ。

 しかし、その評判は疑った方がいいかもしれない。そう思わせる研究結果が、5月16日付けのオンライン学術誌「ロイヤル・ソサエティ・オープン・サイエンス」に掲載された。

 調査が行われたのは、アフリカ、タンザニアのイッサ渓谷。放棄されたチンパンジーのベッドから、科学者たちが綿棒で試料を採取して調べた。その結果、検出された細菌のうち、チンパンジー自身の皮膚、唾液、ふんに由来するものは3.5%しかなかった。一方、米ノースカロライナ州で以前行われた人間のベッドの調査では、同様なものが35%という桁違いの数字が出ていた。

 ダニやノミといった寄生虫も、チンパンジーのベッドにはほとんどいなかった。(参考記事:「ダニの奇妙な世界」

「私たちの環境における『清潔』ということについて、考え直す必要があります」。ノースカロライナ州立大学の博士課程学生で、研究を主導したメーガン・テメス氏はこう話す。(参考記事:「豊かな家ほど虫も豊富、虫にも“ぜいたく効果”」

毎晩新しいベッドを作る

 と言っても、木の葉でベッドを作り始めるのはまだ早い。その前に知っておくべきことがいくつかある。

 まず、チンパンジーは毎晩新しいベッドを作る。また、排便の際には、ベッドの端から注意深く身を乗り出す。(参考記事:「チンパンジーは眠りやすいベッドを作る」

 したがって、私たちが人生の3分の1を過ごすシーツの中よりも、チンパンジーの寝床の方が体に由来する細菌が少ないだろうというのは、少しは筋が通っている。

 ところが、科学者たちが驚かされた結果もあった。

「外部寄生虫と糞便系の細菌が多く出るだろうと予想していました。糞便系細菌群がチンパンジーの毛で増えるという証拠が、これまでにたくさん出ていたからです」とテメス氏。

 論文によると、チンパンジーのベッドの中における微生物などの状況がベッドの外の環境とほぼ同じであることが、自身の体に由来する病原体や害虫が少ない理由かもしれないという。

ギャラリー:引退した実験用チンパンジーたちの静かな「余生」(写真クリックでギャラリーページへ)
引退した実験用チンパンジーたちが、囲いの中で過ごす。米ルイジアナ州にある全米チンパンジーサンクチュアリ、通称「チンプ・ヘイブン」は、独立の非営利組織だ。(PHOTOGRAPH BY MELANIE STETSON FREEMAN, THE CHRISTIAN SCIENCE MONITOR/AP)

次ページ:屋内の環境で健康を損なう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加