ナショジオが米ウェブ界の最優秀メディア企業賞

ウェビー賞の「メディア・カンパニー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる

2018.04.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】リニューアルされた誌面
ナショナル ジオグラフィックを象徴する雑誌の誌面に、2018年5月号から斬新なデザインを取り入れ、息をのむような写真や、思考を刺激するストーリーを紹介している。(字幕は英語です)

 4月24日、ナショナル ジオグラフィックが米ウェビー賞の栄えある「メディア・カンパニー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。ウェビー賞は1996年から毎年発表されており、「ウェブ界のアカデミー賞」とも言われ、ウェブサイト、映像や広告などの分野で優秀なインターネットメディアに授与される。

「挑戦を続けるナショナル ジオグラフィックに対し、この賞を授与できて非常に光栄です」と、ウェビー賞の最高経営責任者(CEO)であるデビッド・マイケル・デイビス氏は話す。「機械学習やチャットボット、仮想現実やソーシャルプラットフォームなど多岐にわたり、インターネットを駆使して、ナショナル ジオグラフィックならではのコンテンツを世界中のファンに届けてくれました」(参考記事:「ナショナル ジオグラフィック誌が全米雑誌賞」

 メディア・カンパニー・オブ・ザ・イヤーは、メディアが関わる分野の最終候補のなかで、最も優秀と認められた企業に贈られる賞として、今年はじめて創設された。全米50州、世界70か国から1万3000件もの応募があったが、ノミネートされたのは全体の1割にも満たなかった。なお、次点は「VICE」と「Condé Nast」だった。

 加えてナショナル ジオグラフィックは、仮想現実、データ可視化、写真、動画、トップページ、クイズゲームの6つの分野でもウェビー賞を獲得した。

 ナショナル ジオグラフィックのレイチェル・ウェバー氏は「受賞側にとっても、読者にとっても信じられないほどの名誉です」と語る。「ナショナル ジオグラフィックは130年以上にわたり、探求のプラットフォームとしての役割を果たしてきました。そして、新たな技術とインターネットによって、何百万人もの人たちに世界を探求する力を与えられるようになりました。今回の受賞は、人々を勇気づける探検家や写真家、組織の垣根を越えたチームワーク、そして社会にインパクトを与えるストーリーを伝えようとしたことが認められた証です」(参考記事:連載「そうだったのか! 『ナショナル ジオグラフィック』」

文=Elaina Zachos / 訳=上村知子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加