【動画】深海タコが「ありえない場所」で集団産卵

水深3000メートルで偶然撮影、単独行動のタコがなぜ?

2018.04.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水深3000mで集団産卵する深海タコ。まるまっているタコは卵を抱いている。2014年撮影。

 有人潜水艇アルビン号が撮影した動画に映っていた母親タコの集団。そこには常識を覆す要素がいくつもあることが、学術誌「Deep Sea Research Part I」に発表された論文で明らかになった。

「こんなところにタコがいるはずがない」。論文の著者の1人で、動画を見た米フィールド自然史博物館の海洋生物学者ジャネット・ボイト氏は、そんな言葉を口にした。

 アルビン号はその時、コスタリカの太平洋岸の160キロ沖合で、水深約3000メートルの岩場を調査していた。そこは一般的なタコの産卵場所よりもはるかに深く、また(理論上は)水温が高すぎた。

「驚くべき光景でした」。この動画に関する研究を主導した米アクロン大学の研究助手、アン・ハートウェル氏はそう語る。(参考記事:「きっと驚く タコの不思議」

 ボイト氏の助けを借りつつ、ハートウェル氏はこのタコをMuusoctopus属とまでは同定した。新種の可能性もあるという。このタコは単独で行動し、ときとして共食いをすることもある。(参考記事:「【動画】奇妙すぎる深海イカを発見、新種か」

 しかし研究を始めるにあたって、ハートウェル氏がまず解明しなければならなかったのは、タコがなぜこの場所にいて、なぜこれほどせまい場所にたくさん集まっているのかということだった。

岩場の人気物件

 その理由はおそらく、この岩場がタコにとって貴重な産卵場所だったためだと、ハートウェル氏は考えている。

 深海底の大部分はマリンスノー(分解された生物の死骸が海底に降り積もったもの)と呼ばれるやわらかい層に覆われているが、タコはそうした環境では産卵できない。(参考記事:「マリンスノーを食べる“吸血鬼イカ”」

 岩場周辺の海水は、どちらかというと冷たいものの、一帯にはたくさんの熱水噴出孔が存在する。そしてタコが卵を産み付けているのは、そうした水温の高いスポットだった。

「タコの数があまりにも多いので、最初は彼らがこの環境に満足しているのだろうと考えていました」とハートウェル氏は言う。

 ところがアルビン号の動画をさらに詳しく見ていくうちに、ハートウェル氏とボイト氏はおかしなことに気がついた。どの卵にも成長している様子が見られず、またすべての母タコに強いストレスの兆候が認められたのだ。

忍耐を強いられる母親

 カナダ、レスブリッジ大学でタコの研究を行っているジェニファー・マザー氏は、この岩の裂け目は、おそらく深海の無脊椎動物にとっては暑すぎるのだろうと語る。

 それでも卵を産み付ける場所があまりにも限られているため、母タコたちはひどく暑い環境に耐えるしかなかった。ハートウェル氏らは、論文でそう結論づけている。

 マザー氏は言う。「この研究を見ると、深海の環境が均質ではないことを改めて思い知らされます。そこには多様な微小生息域があり、さまざまな生物によって利用されているのです」

 ただし、タコの母親には元々、自己犠牲の習性があることを考えると、今回の発見もさほど驚くことではないのかもしれない。

 2011年に、中部カリフォルニア沖に生息する1匹のホクヨウイボダコのメスの調査を開始した研究者らによると、この母はそれから4年半もの間、卵を守り続けたという。これは動物の発育期間としては、知られている限り最長だ。(参考記事:「4年5カ月、卵を抱き続けた深海のタコ」

文=Carrie Arnold/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加