【動画】インドのアフリカ系住民「シディ」の苦闘

極度の差別や無視にさらされる人々の苦しみと闘い

2018.04.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーシャ・スチュアート氏は、めったに見られないシディ族の村の中を撮影し、ほぼ無視されてきたコミュニティの文化の多様性をショートフィルムに収めた。なお、提示される内容と意見は映画製作者のものであり、ナショナル ジオグラフィックの意見ではない。(字幕は英語です)

 ドキュメンタリー映像作家のアーシャ・スチュアート氏が、2012年にインド南部のバンガロール市に近いバスターミナルを通りがかったとき、ある男性と目が合った。インドでは珍しく、アフリカ系のようだった。

 2人は互いに話しかけようとしたが、スチュアート氏は英語しか話せず、男性が話せるのはカルナタカ州の公用語であるカンナダ語だけだった。

「彼が私の容姿に興味を持ったのがわかりました」と言う。「私も彼の容姿に興味を持ったのです」

 アフリカ系米国人であるスチュアート氏の興味は、それで終わらなかった。バスターミナルで出会った男性がこの地域にいる理由をもっとよく知りたくて、特徴が当てはまりそうなインド内のコミュニティの情報を収集した。調査の結果たどり着いたのが、シディ族、すなわち専門家によれば東アフリカのバンツー族の子孫と言われるインドの人々だった。

「インドは人口が10億を超す国であり、その多様性にはいつも関心を持っていました」とスチュアート氏。「アフリカ系インド人の住民がいると知って、興味を覚えました。私もアフリカ系米国人女性ですから」(参考記事:「ナショジオは人種差別的だった、米版編集長が声明」

 極度の人種差別、存在や意見の無視など、インドで暮らすシディ族の人々の苦難がアフリカ系米国人のそれと似ていることから、彼らの生活を描いたドキュメンタリーを作りたいとスチュアート氏は思い始める。(参考記事:「未来へ伝える アフリカ系米国人の足跡」

 スチュアート氏によれば、シディ族の大部分が奴隷として、最初はアラブ人商人に、後にはポルトガル人やイギリス人の入植者によって、インドに連れて来られた。また割合は少ないが、傭兵として、あるいはこの地の経済的繁栄の恩恵を受けようとやって来たアフリカ人の子孫もいる。

次ページ:彼らは今も差別を受けている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加