どこに落ちる? 中国の宇宙ステーション

30日にも100キロ近い残骸が落下する可能性

2018.03.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天宮1号は2011年9月に長征2号Fによって打ち上げられた。(PHOTOGRAPH BY LINTAO ZHANG, GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国の宇宙ステーション「天宮1号」が大気圏に再突入する。最新の予測では、3月30日から4月2日の間に地球上のどこにでも落下する可能性があるという。

「天界の宮殿」にちなんで名付けられた天宮1号が、地球の周回軌道に乗ったのは2011年9月のこと。宇宙ステーションの自動化技術のたたき台として開発され、運用期間中には宇宙船とのドッキングや、宇宙飛行士の滞在を実現した。中国が近い将来打ち上げを予定している、恒久的な宇宙ステーションの建設に向けた布石となっている。(参考記事:「地球に落下した意外な宇宙ゴミ」

 2017年5月、中国当局は国連に対し、天宮1号が2016年3月16日に機能を停止したことをはじめて公表した。構造上の問題はないものの、燃料を全て使い果たしたため、地上からの制御が出来なくなったという。

 現在、上空約200キロメートルを回っているこの宇宙ステーションは、外層大気の抵抗を受けて1日に約4キロずつ高度を落としている。最終的には高度70キロ近くで燃焼が始まるとみられている。

 再突入時に燃え尽きなかった機体の残骸が、どこに落下するのかを予測するのは困難だ。3時間で地球を2周する天宮1号は、北緯43度から南緯43度の間を周回している。つまり、南極以外のすべての大陸に残骸が落下する可能性がある。

「今言えることは、北緯43度から南緯43度の間のどこかに落ちてくるということだけです。実際に落ちて来るまで、その答えは変わりません」と米国ハーバード・スミソニアン天文物理学センターの天文学者ジョナサン・マクダウェル氏は語る。

 再突入の正確な日時も依然としてつかめていない。上層大気の密度が太陽の活動によって変化するためだ。

「再突入の正確な時間を予測できるのは、数日前から数時間前になるでしょう」とマクダウェル氏は言う。

「不確定要素が多すぎる」

 米テキサス大学オースティン校で宇宙力学を研究しているモリバ・ジャー氏によれば、衛星の落下予測技術はまだ生まれたての段階だ。理由のひとつに、大気の動きを世界規模でリアルタイムに監視できていないことがあるという。

「しっかり未来の予測ができるほど、私たちは正確かつ高精度に大気の動きと働きを理解しているわけではありません。つまり、天宮1号の軌道を予測するには、不確定要素が多すぎる。予測しても、突入する場所が太平洋上か、米国本土かほどの差異が生じることにもなるのです」

 天宮1号は大気圏再突入時に大破すると予想され、100キログラム近い残骸が地上に落下する可能性がある。似たようなことは1979年にもあった。NASAの宇宙ステーションのスカイラブが軌道を外れた時、予想より燃焼速度が遅かったのだ(宇宙ステーションの破片がオーストラリアに降り注ぎ、けが人はいなかったものの、その州はNASAにポイ捨ての罰金を課した)。

次ページ:地球を周回する宇宙ゴミは5万個以上

おすすめ関連書籍

宇宙48の謎

地球外生命体を探せ!

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第5弾。最新の宇宙像、宇宙理論を、イラストや写真をふんだんに使い、わかりやすく解説した科学入門書。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加