古代マヤで犬を飼育した最古の痕跡、儀式で使用

家畜ではなく、生贄として重要な役割を果たす

2018.03.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グアテマラのセイバルにあるマヤ遺跡からは、儀式が行われていた最古の証拠が出土している。(PHOTOGRAPH BY STUART BAY, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 中米グアテマラにあるマヤの遺跡から見つかった骨や歯。それらを詳しく調査したところ、動物の交易や飼育が行われていたことを示す、南北アメリカで最古の証拠が見つかった。この発見は、マヤ社会の発展において、飼育された動物を生贄に捧げる儀式が重要な役割を果たしていた可能性を示唆するものだ。(参考記事:「絶滅寸前から復活、3500年続く古代犬種“ショロ”」

 世界の多くの場所では、拡大する都市や社会に食料を供給するうえで、家畜が重要な役割を果たしていた。たとえば、ヨーロッパやアジアの文化では、9000年も前から食料を得るためにブタなどの動物を育てていた。

 一方、メソアメリカにおける家畜の歴史はそこまで古くない。マヤなどでは、農耕は行われていたが、動物が家畜として育てられていることはほとんどなかったことがわかっている。とすれば、マヤの社会は、動物の飼育に伴う経済活動や政治活動なしに、どのように発達したのだろうか。(参考記事:「マヤを支配した蛇の王国」

 「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」のオンライン版で3月19日に公開された論文によると、研究者たちはグアテマラのセイバルという場所から発掘された骨と歯についての調査を行った。セイバルは約3000年前からおよそ2000年にわたって盛衰を繰り返した遺跡で、マヤで行われていた儀式に関する最古の資料が出土している。

 今回の調査では、先古典期中期(紀元前700~紀元前350年)のものとされる中央広場付近から、イヌやネコ科の動物の骨や歯が見つかった。これは、マヤで動物が飼われていたことを示す従来の証拠よりも、何世紀も古いものだ。(参考記事:「儀礼と風習からみるマヤ文明の精神世界」

今回の調査では、イヌ、シカ、マーゲイ(上の写真)など、セイバルから見つかった46匹の動物の骨や歯が分析された。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

儀式に使うための動物か

 研究者たちは、見つかった骨や歯に含まれるさまざまな同位体の比率を計測した。炭素同位体のレベルが高ければ、その動物が栽培されたトウモロコシ(またはトウモロコシを食べていた動物)をよく食べていたことになる。逆にレベルが低ければ、野生の植物をよく食べていたことになる。

 分析の結果、イヌの炭素同位体のレベルはすべて高かったことがわかった。つまり、トウモロコシに由来するものを食べていたということだ。また、ジャガーと考えられる大型のネコ科の動物も同様だった(のちの発掘でセイバルから見つかった他のネコ科の動物は、ジャングルの動物を食べていたことがわかっている)(参考記事:「中南米に残るジャガー信仰、人をのみ込む秘薬」)。

 さらに、見つかった46匹の動物のうち44匹は、この近辺で生まれたものであることもわかった。それを除く2匹のイヌは、セイバルがある南部低地からかなり離れた乾燥した山地の出身だった。そのうち1匹と別の大型のネコ科動物は、紀元前400年ごろにセイバルの儀式の中心として使われていた建物の下にある穴に捨てられていた。(参考記事:「アステカの犬だけの墓を発見、メキシコ」

【参考動画】「ぶさかわいい」毛のない犬の驚くべき歴史。癒やしの力を持つと信じられ、ときに食料にされたことも。(解説は英語です)

 研究者たちは、セイバルがこの地方の政治の中心地だったころ、動物たちが儀式で使われていた可能性があるとしている。マヤでは、農耕に動物を使うことはあまりなかったようだ。しかし、儀式で使うために動物を取り引きしたり、飼育したりすることによって、経済や政治が発達し、それがマヤ文明の発展において重要な役割を果たした可能性がある。(参考記事:「古代マヤ文明の王か? 赤い遺骨と翡翠の面を発見」

 今回の論文の共著者で、スミソニアン熱帯研究所の考古学者であるアシュリー・シャープ氏は、次のように話している。「アジアやアフリカ、ヨーロッパでは、動物の飼育と都市の発展は密接な関係にありました。しかし、南北アメリカでは、動物は儀式のために飼育されていたのかもしれません。都市の発達と動物の飼育は、直接結びついてはいなかったようです」

文=Kristin Romey/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加