ゴリラが器用に立って歩く動画が話題になっている。

 米国フィラデルフィア動物園で暮らす16歳のニシローランドゴリラ「ルイス」だ。

「両手に何かを持っているときに、立って歩くゴリラは何頭かいます」と、動物園のキュレーターであるマイケル・スターン氏。ただし、ほかのゴリラがそうやって歩くのは通常1歩か2歩であるのに対し、ルイスは長い距離を立って歩く姿がたびたび目撃されている。(参考記事:「【動画】前脚を失ったクマ、二足歩行で元気」

 2018年3月、動物園はその様子を撮影した動画をフェイスブックに投稿した。動物園によるコメントには、手と食べ物を汚さないようにしているのではないか、とある。どうやら、手に持ったトマトを傷つけたり、地面につけたりしないために立って歩いているようだ。

 それ以来、ルイスは「細菌恐怖症」とか「潔癖症」と呼ばれたりしている。しかし、スターン氏は「細菌が病気のもとになることをルイスが理解しているとは思いません。おそらく、泥がつくのがいやなのでしょう。ゴリラは熱帯に暮らす動物ですから、泥はおなじみです。しかし、ゴリラにもそれぞれ個性があります」 と語る。

きれい好きのゴリラ

 スターン氏によると、飼育員たちはみな、ルイスが泥を避けたがることに気づいているという。食べ物を運んでいるときばかりではない。2015年の動物園によるブログには、次のように書かれている。

「暴風雨になると、立って走り回り、隠れ場所を探します。たまたま泥の中に足を踏み入れてしまうと、木の葉や紙袋を見つけてきて、きれいになるまで手や足を拭きます」

 ルイスが泥の水たまりを避けて渡れるように、動物園は消防用のホースで橋まで作っている。

 ルイスは、フィラデルフィア動物園のゴリラの中ではかなり大柄で、体重は200キロ、身長は1.8メートルほどある。しかし体格とは裏腹に「おそらくいちばんの恥ずかしがり屋」だという。

 ルイスは米国生まれで、ずっと飼育環境下で暮らしてきた。通常、ゴリラは手の甲を地面に付けて体重を支え、四足歩行をすることが多い。スターン氏はルイスの二足歩行について、飼育されたことによる副作用というより個性によるものだろうと考えている。(参考記事:「ダイアン・フォッシーが愛し、守ったゴリラたち」

【参考動画】お母さんゴリラにしがみつく野生のゴリラの赤ちゃん(解説は英語です)

人間の二足歩行も食物を運ぶため?

 英国でも、2011年に立って歩くゴリラが話題になった。その際に、米インディアナ大学の人類学者ケビン・ハント氏も、科学ニュースサイト「Live Science」によるインタビューに対し、二足歩行を好むのは個性の違いだと述べている。

 ハント氏は、英国のゴリラがまわりの人間の姿をまねた可能性も考えられるとも話した。同氏は、人間は効率的に食べ物を集めることができるように二足歩行しやすく進化したという説を唱えており、それはゴリラの行動とも一致する。(参考記事:「ヒトはなぜ人間に進化した? 12の仮説とその変遷」

 スターン氏は、ゴリラが立って歩くのは、人間が考えるより普通の行動なのだろうと話す。

 飼育員たちは、ずっと前からルイスが立って歩くことを知っていた。恥ずかしがり屋のルイスがカメラの前で立って歩いてくれたのが、今回初めてだったというだけだ。(参考記事:「射殺されたゴリラ、よくある行動だったと専門家」

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

美しい写真とともに読む、心に残る60話

定価:本体2,300円+税

文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博