ナショナル ジオグラフィック誌が全米雑誌賞

2017年1月号『ジェンダー革命』がSingle Topic Issue部門で最優秀賞

2018.03.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナショナル ジオグラフィック誌は3月13日、全米雑誌賞(National Magazine Award)のSingle Topic Issue部門で最優秀賞を獲得した。この部門は一つの号を一つのテーマに絞って総力特集した雑誌が対象。世界規模で多様化する「性」に焦点を当てたナショナル ジオグラフィック2017年1月号『ジェンダー革命』が選ばれた。

ナショナル ジオグラフィック2017年1月号『ジェンダー革命』。

 この総力特集は、2017年のピュリツァー賞Explanatory Reporting(説明報道)部門でもファイナリストに選ばれていた。

 ジェンダー革命特集号では、アフリカ、シエラレオネの少女たちが直面する性器切除の文化を取り上げた『少女たちが見つめる希望の光』ほか、充実した育児休暇制度を利用する『スウェーデン パパたちの育休』、多様な性のあり方を科学の目で取り上げた『曖昧になる男女の境界』などの特集を掲載している。

 毎年恒例の全米雑誌賞は、雑誌ジャーナリズムに授与される最高の賞とされ、米国雑誌編集者協会(ASME)がコロンビア大学大学院ジャーナリズム学科の協力を得て運営している。今年度は281の出版物から合計1368件のエントリーがあり、『ザ・ニューヨーカー』誌が最多の3部門を受賞したほか、『GQ』誌が2部門を受賞した。

2017年8月号『メキシコ 虐殺事件の真相』
2011年、麻薬密売組織セタス・カルテルは、メキシコ北部アエンデ市とその周辺の町を襲い、少なくとも60人を殺害した。祖先をたたえるメキシコの祝日「死者の日」には、街はいつにも増して悲しみに包まれる。(Photograph by Kirsten Luce, National Geographic)

 ナショナル ジオグラフィックでは受賞した『ジェンダー革命』のほかに、2017年7月号『南極 崩壊する氷の大陸』10月号『動物を救うために殺してもいいのか?』8月号『メキシコ 虐殺事件の真相』もノミネートされた。

文=Natasha Daly

  • このエントリーをはてなブックマークに追加