約7万4000年前、スマトラ島のトバ火山が超巨大噴火を起こした。これによってでき直径100キロのカルデラは現在、湖となっている。(PHOTOGRAPH BY ANDIA, UIG VIA GETTY IMAGES)
[画像をタップでギャラリー表示]

 7万4000年前に起きた超巨大噴火。過去200万年で最大規模とされ、世界的に影響を及ぼしたこの大災害を、当時まだアフリカにいた人類は無事に生き延びただけでなく、繁栄していたとする論文が、3月12日付けの科学誌「ネイチャー」に発表された。

 大噴火を起こしたのは、東南アジア、スマトラ島の「超巨大火山(スーパーボルケーノ)」であるトバ火山。噴き上げられた火山灰と岩塊は数千キロメートル遠方まで散らばり、気温は急降下した。(参考記事:「この世の果て? 地獄のような絶景10選」

 噴火の余波は遠くアフリカ南部にまで及び、そこで暮らす古代の人類に影響を与えた。これまでの研究では、トバ大噴火はあまりに強烈だったため、当時アフリカからようやく外へ出ようとしていた現生人類の祖先を絶滅寸前に追いやったとも言われてきた。

「トバ噴火は過去200万年間に地球上で起こった中で最大のものです」と、今回の論文を執筆した米ネバダ大学ラスベガス校の地質学者、ユージーン・スミス氏は言う。(参考記事:「超巨大火山のマグマ、休眠から数十年で巨大噴火も」

 ところが論文によると、噴火当時やその後の地層から見つかった遺物からは、人類がトバ噴火を生き延びただけでなく、繁栄していたことが見て取れるという。この発見は、大噴火が人類を絶滅の危機に追い詰めてはいなかったという説を裏付けるものだ。また、アフリカの人類が助かったのは、彼らが海岸沿いに逃げ延びていたおかげである可能性も浮上している。

【参考動画】火山噴火をドローン撮影、レユニオン島
2017年2月24日のピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ火山。フランス領レユニオン島にあるこの火山は、17世紀以降、150回以上噴火している。写真家ジョナサン・パイエ氏がドローンを使って撮影した。

偶然見つかった直接的証拠

 遺伝的証拠から、現生人類は、6万年前にアフリカの外に出たわずか数千人の子孫であると考えられている。なぜこれほど少なかったのか。一部の科学者は、我々の祖先がトバ大噴火によって壊滅的な被害を受けたからだと主張してきた。(参考記事:「人類の出アフリカは18万年前?定説覆す化石発見」

 トバ火山は一瞬のうちに約2500立方キロの塵や岩を吐き出し、堆積物を数キロ上空にまで噴き上げ、地面に幅100キロの傷跡を遺した。トバ火山はまた、大気中に大量の塵と硫黄を送り込んだ。おそらくはそれが原因で地球の表面が冷え、当時すでに氷河を作り、海水位を下げつつあった気候の寒冷化に拍車をかけた。(参考記事:「カルデラ形成の詳細な観測に成功、噴火予知に光」

 トバ火山が人類の形成に何らかの影響を及ぼしたという前提で、研究者らは当時の人類がそれにどう対応したかを理解しようと努めてきた。

次ページ:海岸は唯一の避難場所だった?

おすすめ関連書籍

奇跡のサバイバル60

大震災、飛行機脱落、登山事故、誘拐・・・・・・絶体絶命の状況から九死に一生を得た人々。生死を分けた判断、状況は何だったのか?

定価:本体2,400円+税