【独占動画】上空から見たヒガシアメリカオウギハクジラ。(解説は英語です)

 ヒガシアメリカオウギハクジラ(学名:Mesoplodon europaeus)は、海にすむ哺乳類のなかでも、めったに見られない種の一つだ。これまでわかっていることの多くは、浜辺に打ち上げられた死骸を調べて得た情報によるもので、生きている姿が初めて目撃されたのは、およそ20年前のことになる。

 このヒガシアメリカオウギハクジラの空中撮影に、写真家のパトリック・ダイクストラ氏が成功した。2月27日のことだ。ドローンによる空撮は、おそらくこれが初めてだろう。ダイクストラ氏は、カリブ海にあるドミニカ島西岸から約5キロ離れたところで、旅行会社「Picture Adventure Expeditions」のチームと一緒に取材中だった。そしてマッコウクジラを撮影している最中に、図らずもこの珍しいヒガシアメリカオウギハクジラに出会った。(参考記事:「マッコウクジラ、群れごとに文化を形成か」

 以前の解剖結果から、ヒガシアメリカオウギハクジラは頭足類を餌にすることが知られている。また、この界隈に生息するマッコウクジラはイカを常食とする。従って、ヒガシアメリカオウギハクジラもまたイカを食べるために、おそらくここにいたのではないかとダイクストラ氏は推測している。

「イルカがいるな、と初めのうちは思っていたんです」と、ダイクストラ氏はいう。「(ヒガシアメリカオウギハクジラなんて)そんじょそこらにいませんからね。生きている姿が確認された例は、世界で10回もありません」

【参考ギャラリー】クジラの世界 写真14点
ナショナル ジオグラフィックの写真家が撮影した、クジラやイルカのフォトギャラリー。

 ダイクストラ氏らがじっくりと映像を見直したところ、オス2頭、メス1頭、子供1頭からなる1つの家族が映っていることがわかった。そこで、アカボウクジラの専門家であるポーランド人ヴォイテク・バカラ氏と「the Caribbean Stranding Network」の保全データベースの設立者である海洋学者アントニオ・ミニュッチ氏のところに映像を持ち込み、今回の発見を確認してもらった。(参考記事:「【動画】全身が真っ白! 幻の「白いザトウクジラ」」

 ナショナル ジオグラフィックの取材に対してダイクストラ氏は、「長い映像ではありませんが、信じられないほど希少な種の生活を知るうえで、これは新たな手がかりになります」とメールでコメントしている。

次ページ:どんなクジラか?

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

初版限定ポストカード付き絵画のような水中の絶景を、世界中から集めた写真集

定価:本体3,200円+税