米カリフォルニア科学センターで、企画展「クレオパトラ エジプト最後の女王を探す」に出品された遺物を来館者が見つめる。(PHOTOGRAPH BY BRIAN VAN DER BRUG, LOS ANGELES TIMES/GETTY IMAGES)
[画像をタップでギャラリー表示]

 #MeToo運動によって、政治からアカデミー賞にいたるまで、権力と女性の問題が浮き彫りになっている。伝統的な権力、地位はなぜ、いまだこれほど多くの女性たちに対して閉ざされたままなのだろうか。女性たちはどのようにして、自分らしく力を発揮しているのだろうか。(参考記事:「男装の少女を育てる風習 アフガン社会の矛盾 写真9点」

 今日の世界で、女性が精力的に大きな仕事をしている例はいくらでもある。しかし、過去にもそうした女性は少なからずいた。

 歴史の記録は必ずしも、数千年前の人物の人生を正確に描写しているわけではない(男性の視点で男性について書かれた物語では、女性は非難されるときにだけ登場することが多い)。だが歴史上、強い女性は山のようにいる。

 そこでナショナル ジオグラフィックは、第一線の歴史学者3人に、女性の力が古代世界でどのように作用していたと思うか、それを最もうまく機能させたのは誰かを尋ねた。

「影響力」を駆使した女王

 米コースタル・カロライナ大学の古典学教授、アナルヤ・バーンズ氏はこう語る。「権力は公的、政治的な空間だけにあると、誤って考えられることがしょっちゅうです。なぜなら、そういった空間は特に男性支配的で、権力と男性が同一視されてしまうのです。私は、影響力もまたパワーであると考えています」

古代エジプトの頭飾りを付けたクレオパトラの肖像レリーフ。(Photograph by DEA PICTURE LIBRARY, De Agostini/Getty)
[画像をタップでギャラリー表示]

 クレオパトラ(紀元前69~同30年)は、古代の記録に加えて現代のハリウッド映画でも描かれ、優秀かつ魅惑的なことで知られている。300年近くエジプトを統治したプトレマイオス朝最後の女王として、クレオパトラは自らの地位と王国の独立を確保した。その手段は、ローマの指導者であり、当時のヨーロッパで屈指の権力を誇ったユリウス・カエサルとマルクス・アントニウスに影響力を及ぼすことだった。(参考記事:「新説:クレオパトラの没落と火山噴火の意外な関係」

 バーンズ氏の評価では、クレオパトラの地位が彼女の性的魅力のみによるとされるのは、不公平かつ不正確だという。ほとんど内戦状態の中で、カエサルがクレオパトラに味方し、その政敵であるクレオパトラの弟と対峙したのは、彼女の性的魅力が際立っていたからではない。「王位を手に入れ、維持する力が彼女にはあると、カエサルはわかっていたから」というのが、バーンズ氏の見方だ。

 クレオパトラの影響力の源が知性であれ性的魅力であれ、いずれか(あるいは両方)を十分に備えていたことは否定できない。「影響を及ぼす」ことで権力を維持するという彼女の戦略によって、エジプトは激動の時代にありながら統一と独立を保ち、彼女の評判は何千年にもわたって守られた。(参考記事:「クレオパトラを探して」

【参考ギャラリー】クレオパトラを探して 写真14点(画像クリックでギャラリーページへ)
クレオパトラとカエサリオンが描かれたレリーフ。カエサリオンは彼女とカエサルの子とされる。(Photograph by George Steinmetz, National Geographic Creative)

次ページ:戦闘で力を発揮した女王アルテミシア