2.9億年前の爬虫類も尻尾を切って逃げのびた

化石に尻尾を切りやすくする「切れ目」、研究成果

2018.03.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太古の爬虫類カプトリヌスは敵につかまれたときに尻尾を切り離すことができた。(Reconstruction by Danielle Dufault. Illustratrion courtesy A. R. H. LeBlanc, M. J. MacDougall, Y. Haridy, D. Scott & R. R. Reisz)
[画像のクリックで拡大表示]

 何億年も前に生きた古代の爬虫類も、敵から逃げ切るための素晴らしい特技をもっていた。現代の多くのトカゲがもつ「尻尾切り」の技だ。最新の研究成果が学術誌「Scientific Reports」に発表された。(参考記事:「3本の尻尾を持つトカゲが見つかる、「尻尾切り」の異常か」

 カナダ、トロント大学の研究者らがこの爬虫類の尾骨70個を調査したところ、トイレットペーパーがミシン目で切れるように、捕食者がこの爬虫類の尾をつかんだ際に、尾骨にある特定の亀裂で尻尾が切れるようになっていたという。

 カプトリヌスと呼ばれるこの爬虫類は重さ2キロほどで、今から2億8900万年前に生息していた。尻尾を切り離すための亀裂は若い個体に多く見られ、おとなの骨ではしっかり結合しているように見える。

 若い個体ほど敵に襲われる危険性が高いことから、成長するにしたがってこの機能が失われていったと考えられる。(参考記事:「【動画】ヘビ?ミミズ?仰天生物アホロテトカゲ」

 カプトリヌスは、その後約3000万年にわたって当時のパンゲア大陸全域に広がり、繁栄した。こうした機能が生き残るのに優位に働いたのかもしれない。(参考記事:「まるで鶏肉、ウロコをはがす新種のヤモリを発見」

 尻尾切り機能はその後いったん化石記録から途絶え、再び現れるのは今から7000万年前のことだ。現代のトカゲにも同じ機能があるが、カプトリヌスは尻尾切りができた最も古い爬虫類といえる。(参考記事:「再生能力を持つ生物、代表5種」

【参考動画】血の涙で攻撃! ツノトカゲ、驚異の護身術

文=Heather Brady

  • このエントリーをはてなブックマークに追加