【動画】貴重!深海のニシオンデンザメ142匹を撮影

泳ぎが遅くて非常に長生きのサメ、カナダ北極圏で撮影に成功

2018.03.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】非常に珍しいニシオンデンザメが、カナダ北極圏の深海で撮影された(解説は英語です)

 カナダ、ニューファンドランドメモリアル大学の研究者2人が、めったに見られないニシオンデンザメの姿をカメラに収めることに成功した。撮影したのは、ブリン・ディバイン氏とローラ・ウィーランド氏。海中の生態系に関する定期調査のためカナダ北極圏に向かい、北極漁業連合と協力して外洋に水中カメラを仕掛けていた。この発見は1月後半に科学誌「Scientific Reports」で発表された。(参考記事:「世界水中写真コンテスト、多彩な受賞作13点」

海底のサメを餌でおびき寄せる

 使用した深海用のドロップカメラは、デジタルカメラを球形の防水ケースに入れたものだ。この装置を金属製のフレームに取り付け、重りと餌をつけて沈めれば、海面下の世界の神秘的な出来事を、何時間も連続して撮影できる。

「基本的に、カメラを設置したら8~10時間くらい放っておきます」と、博士号取得予定のディバイン氏は説明する。「あとは、カメラが海底の情報を集めてくれます」(参考記事:「ニシオンデンザメと奇跡の機器回収」

 2015年と2016年の7月から9月の間に、カナダ北部ヌナブト準州の海に31台のドロップカメラを設置し終えた。そのうちの8割に、142匹のニシオンデンザメの姿が映っていた。それがすべて違う個体であることは、斑紋がそれぞれ異なることで確認された。250時間を超える映像の中で、同じ個体が2回以上カメラの前に姿を現すことは一度もなかった。

 映像から、このサメの泳ぎが非常に遅いことがわかった。体長は1.5メートルほどのものもいれば、その2倍あるものもいた。ほぼすべての個体がまだ若く、生殖年齢には達していないだろうと、彼らは推測している。(参考記事:「のろいサメ、眠ったアザラシを捕食?」

 ニシオンデンザメの撮影に成功したのはメモリアル大学のチームが初めてではないが、個体が識別されることは珍しい。

 2014年に撮影に成功したのは、ナショナル ジオグラフィックのメカニカルエンジニア、アラン・トゥルチク氏だ。水中カメラの前にまいた餌の間をオンデンザメが滑るように泳いでいくのを見て、彼が大変驚いている映像が残っている。

次ページ:発見に大騒ぎするトゥルチク氏の映像

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

初版限定ポストカード付き絵画のような水中の絶景を、世界中から集めた写真集

定価:本体3,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加