【動画】誰を待つ?インドの「ハチ公」が毎日駅に

同じ時間の同じ車両に日参、心配した地元の人々が情報収集

2018.03.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】決まった列車、決まった車両を毎晩待ち続ける犬(解説は英語です)

 インド西部、ムンバイのカンジョルマーグ駅。毎晩11時ごろ、カリヤーン行きの列車が入ってくると、決まって、あるメス犬が女性用車両の後を追う。車内の通路をのぞき込み、窓から中をうかがって、何か、あるいは、誰かを探している。

 この犬がプラットホームに姿を見せるようになったのは2018年の1月2日以降。「誰かがこの犬を置いて行ったか、捨てたのだと思います」と、動画を撮った地元住民のサミール・ソラットさんは話す。IT技術者のソラットさんは、通勤・帰宅のため、毎日午後3時ごろと夜遅くに列車に乗る。繰り返し現れる犬の姿に気づいたのは2週間ほど前だ。

 ソラットさんは動物好きで、自分でも犬を飼っている。このメス犬を助けたい、列車の後を追う理由を知りたいと思い、ソーシャルメディアに犬の動画を投稿した。ソラットさんは既に動画を削除したが、犬の行動は駅の利用者たちの関心を引き、この犬には生後間もない子犬4匹がいることが間もなく判明した。

「この犬を別の場所に移したりはしていません。子犬がとても小さいので」とソラットさんは話す。「まだ目も開いていないくらいですから」

 ソラットさんは、妊娠した犬を飼い主が捨てたのではないかと推測。地元住民や各種団体と協力し、餌をやるなどの世話をしている。ソラットさんは飼い主探しも試みているが、今のところ見つかっていないとのことだ。(参考記事:「イヌはネコより賢い? 科学が出した答えとは」

待ち人は来ず

 米ペンシルベニア大学の研究者で、犬の行動が専門のカレン・オーバーオール氏は、「この犬は誰かを探していますね」と話す。

 オーバーオール氏によれば、この犬は明らかに不安にかられており、目当ての人物はどこかへ去ったか、亡くなったのかもしれないという。犬はこれからも飼い主を待ち続け、人と犬との関係でのみ生まれる思いやり、理解、愛を求め続けるのだろう。(参考記事:「犬は人が見ると「悲しげな子犬の顔」をすると判明」

「この犬は希望を捨てていません」とオーバーオール氏。「特定の人をおそらく今も探しているのは、その人の印象が強いからでしょう。そういう人物と関係を築いていたことに興味を引かれます」

ギャラリー:どの子が好き?愛らしいイヌたちの写真10点 (写真クリックでギャラリーページへ)
バセット・ハウンドとオーストラリアン・キャトル・ドッグのミックス。PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK

 カナダ、ブリティッシュコロンビア大学の心理学教授で、犬の心理について多数の著書があるスタンレー・コレン氏は、この犬の行動に見られる忠実さと忍耐強さの度合いからして、姿を消した飼い主か、長い間なじんでいた相手を探している可能性が最も高いと話した。(参考記事:「イヌが人懐こくなった理由は「難病遺伝子」に」

「犬には死の概念がありませんが、忠誠という概念は間違いなく持っています」とコレン氏は話す。「犬の心は、いわば2~3歳の幼児と同じくらいです」

著名な忠犬たち

 犬がこの種の行動を見せるのは、これが初めてではない。

 例えば、ハチ公の物語は有名だ。1923年に生まれた秋田犬のハチは、飼い主の男性を東京の渋谷駅で毎日出迎えていた。男性が大学での勤務中に亡くなってからも、ハチは出迎えの習慣を10年近く続けた。その忠実さをたたえて同駅前に像が建てられ、今や人気のスポットとなっている。(参考記事:「犬にも感情がある、MRIで確認」

 米国にも、牧羊犬シェップの実話がある。シェップの飼い主は1936年の夏に亡くなり、亡きがらは親類のもとへ列車で運ばれることになった。モンタナ州フォート・ベントンにある駅の列車車庫からひつぎが出発すると、シェップもその後を追ったが、列車はどんどん先へ行ってしまった。間もなく同駅に戻ってきたシェップは、その後5年半にわたり、駅で飼い主を待ち続けた。

 今回注目を集めているムンバイの犬について詳細を知るには、飼い主とどんな関係にあったのかという経緯を知る必要があるとコレン氏は話す。しかし、首輪などの手がかりがないため、それを突き止めるのは難しいだろう。(参考記事:「イヌやネコはなぜ死んだ飼い主を食べるのか」

「真相は謎のままになりそうです」と、コレン氏は語った。

文=Elaina Zachos/訳=高野夏美

おすすめ関連書籍

シーザー・ミランの犬と幸せに暮らす方法55

大人気のカリスマドッグトレーナーが指南!愛犬の行動がみるみる変わる!

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加