ウサギ30匹以上が毒殺される、犯人不明、米ネバダ

ウサギ保護区づくりに奔走するなかでの事件

2018.02.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネバダ州が運営する児童精神科の施設で放し飼いにされていたウサギの死体。この場所では800匹以上のウサギが暮らしており、その多くは捨てられたペットだ。そのうち30匹が毒殺されているのが発見された。(PHOTOGRAPH COURTESY OF BUNNIES MATTER)
[画像のクリックで拡大表示]

 毒殺されたウサギ数十匹が発見された。2月18日、米ネバダ州ラスベガスにある児童精神科施設デザート・ウィロー・トリートメント・センターの外でのことだ。

 同センターでは数年前、患者の癒やしになればと考え、ウサギ2匹を放し飼いすることにした。2匹は繁殖し、その子供たちも繁殖した。すると、人々が引き取り手のないペットのウサギを連れて来るようになった。今では、専門のボランティアグループが結成され、ウサギたちの餌やりから世話、救助までを担っている。グループは数百匹のウサギを収容できる保護区をつくり始め、完成に必要な資金をほぼ調達し終えた。

 ところが18日、ウサギの水やりにやって来たボランティアらが、30匹以上のウサギがあちこちで死んでいるのを見つけた。外傷の痕跡がなかったため、ボランティアらは毒殺を疑った。(参考記事:「巨大ウサギが謎の死、ユナイテッド機でフライト中」

 ラスベガスを拠点にウサギの救助活動を行う「バニーズ・マター」の責任者ステイシー・テイラー氏が、手を震わせながら現場を撮影し、オンラインに動画を投稿した。テイラー氏は全体をぐるりと見渡した後、ウサギのもとへと歩き始め、「友人たちの死体を見つけ、回収しているところです」と震える声で説明した。

 ボランティアらは無事なウサギたちを死に物狂いで捕まえ、キャリアに入れていった。58匹を保護できたが、まだ100匹以上が残されており、その後の状況はわかっていない。

 18日深夜、見張りのために残っていたボランティアが、レタスの山を投げ捨て、急いで走り去る車を目撃した。ウサギたちはレタスを食べ始めたが、ボランティアはすぐ、レタスに不凍液がかかっていることに気づいた。ウサギにとって、不凍液は致死性の毒だ。(参考記事:「24匹が8億匹に! ウサギで豪大陸を侵略した英国人」

次ページ:ネバダ州当局が事件に関与?

おすすめ関連書籍

うさぎ島

会いに行けるしあわせ動物

うさぎファンの聖地で撮った、かわいい姿満載の写真集。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加