「人類は宇宙人に好意的」、発表が物議、米学会

500人の調査回答を分析、フィクションの世界とは逆?

2018.02.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像のクリックで拡大表示]
1987年、ニューヨーク市でのUFO会議で写真用にポーズを取る「宇宙人」。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NORCIA, NEW YORK POST ARCHIVES, NYP HOLDINGS, GETTY IMAGES)

 宇宙人の発見に続いて、人々が陥るカオス、パニック、興奮。そんなシーンは誰しもフィクションで見たことがあるだろう。建物が崩れ落ち、炎が上がり、暴動が起き、社会が崩壊する。これが宇宙人がいると知らされたときの地球人の反応だとすれば、その存在をあえて調べる必要があるだろうか? (参考記事:「米国が極秘にUFO研究、過去を含め成果は?」

 だが、実際の反応はそこまでひどくはないかもしれない。2月16日、米国科学振興協会(AAAS)の年次会合での発表によると、人類が宇宙人の証拠を本当に発見したなら、「私たちはむしろ好意をもって受け止めるでしょう」とのことだ。

「もちろん、敵意を持った部隊が木星付近に現れたりしたら、喜びはしないだろうと予想しますが」。今回の発表を行った米アリゾナ州立大学のマイケル・バーナム氏は16日、AAAS会合の記者会見でこう話した。

 バーナム氏らの研究チームは、いくつかのニュース記事と調査への回答を分析。その結果、宇宙人が見つかったという仮定の発表であれ、(後に誤りと判明したが)火星の微生物を発見したという実際のニュースであれ、地球外生命の発見に対する人々の反応は、概してとても肯定的だと分かった。

 バーナム氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し、「正直に言うと、どんな結果が出るか全くわかりませんでした」と話した。「注目すべきなのは、フィクションでの地球外生命の発見は、社会的または心理的に負の結果をもたらす出来事として描かれることが多いということです」

【動画】宇宙人の目撃情報や、メディアでの宇宙人の描かれ方について、天体物理学者ニール・ドグラース・タイソン氏とSETIの天文学者セス・ショスタック氏が語る(音声は英語です)

 バーナム氏の発表の根拠は、氏らが学術誌「フロンティアズ・イン・サイコロジー」に投稿した論文だ。しかし、論文の研究結果が現実を十分に表しているのか、懐疑的な科学者も多い。全体として微生物に焦点が当たっている上、調査に回答した集団にも偏りがあるからだ。

「火星やその他の天体に微生物がいるという考えに、半分強の人が賛成しているらしいことは驚くには当たらないと思います」と話すのは、SETI(地球外知的生命探査)研究所のセス・ショスタック氏だ。「ただし、宇宙人となると話は違います。SETIによる何らかの検出や、あるいはもっと劇的な、地球外から来た機械の発見に対する反応の測定を試みるといった研究は、とても面白いと思いますが」

次ページ:肯定的な表現が多かった過去のニュース記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加