アルツハイマー病、治療の道筋を示す研究成果

原因とされる「老人斑」を消滅させることにマウスで成功

2018.02.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】脳の基礎知識。脳は人体のわずか2パーセントを占めるに過ぎないにも関わらず、体全体の機能を司っている。人間の脳の各部位や、血液脳関門など独特の防御機能について知ろう。(解説は英語です)

 アルツハイマー病は現在、かつてないほど深刻な課題となっている。神経変性疾患であるこの病に苦しむ人々は、米国内で500万人を超える。患者は徐々に記憶を失い、家族をはじめとする彼らを支える人々は重責と苦悩にさらされている。アルツハイマー病への対処のために、米国経済は毎年莫大なコストを負担している。(参考記事:「アルツハイマーの予見法、実用化目前か」

 しかし、学術誌『Journal of Experimental Medicine』に発表された新たな研究によると、将来的には、薬を使ってたった1つの酵素を阻害することで、アルツハイマー病と関連する斑(アミロイドβ斑、老人斑とも呼ばれる)を消滅させられる可能性があるという。

 BACE1(βセクレターゼ)と呼ばれるその酵素は、神経発達において重要な役割を果たすが、アミロイドβ斑の基となる素材を作り出す。アミロイドβ斑とは、アルツハイマー病患者の脳に見られる粘着性のタンパク質の塊だ。このアミロイドβ斑が増加するにつれて、神経細胞間の情報伝達がうまく機能しなくなり、アルツハイマーの症状が起こるのではないかと考えられている。(参考記事:「認知症と睡眠の切っても切れない関係」

 長年の間、研究者らはBACE1の働きを阻害する薬を作る方法を模索してきた。米クリーブランドクリニック・ラーナー研究所の研究者らは、そうした未来の薬の効果を実験によって確かめようと、脳にアルツハイマー病に類似した斑ができているマウスを育てた。実験では、マウスのBACE1遺伝子の働きを止めることができるCre/loxPシステムという技術が用いられた。(参考記事:「ゲノム編集でヒト受精卵を修復、米初、将来性は?」

 研究チームは用意したマウスのうち12匹を対象に、BACE1の不活性化が時間の経過とともに脳にどのような変化をもたらすかを観察した。75日目の時点では、マウスはβアミロイド斑を形成していたが、時がたつにつれて斑は消滅していった。マウスが生後10カ月になる頃には、脳に斑はまったく見られなくなった。

次ページ:記憶の改善も示されたが、課題も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加