エビが出す音にクジラが引き寄せられる?(音付)

テッポウエビのパチパチ音、コククジラの食事の合図か

2018.02.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岩礁の藻場で餌を食べるコククジラ。浅い海ではクジラが「逆立ち」して水面から尾を突き出している姿がよく見られる。(PHOTOGRAPH BY OSU, GEMM LAB)
[画像のクリックで拡大表示]

 指をパチンと鳴らすだけでディナーにありつけたらいいのに、と思うことはないだろうか? ある種のクジラにとって、その手の話はごく当たり前のことなのかもしれない。

 テッポウエビは海でいちばん騒がしい生物だ。彼らは左右非対称なはさみをもち、大きい方のはさみを超高速でかち合わせることで、パチンという破裂音を出す。このときにできる大きな気泡が破裂する際には、近くの獲物を気絶させたり、殺したりするほどの衝撃波が発生する。

 テッポウエビが集団で音を出すと暴風雨のような音になり、もっと数が多くなると、旅客機が頭上を通過しているような音になる。

海中のテッポウエビが立てる音。(CREDIT: NOAA-PMEL ACOUSTICS)

 米国オレゴン州立大学の研究チームは今回、寒冷なオレゴン沿岸の岩礁帯で、初めてこの音を捉えた。この騒音が、近くにいる東太平洋のコククジラ(Eschrichtius robustus)に、次の食事の時間を教えているのではないかというのが彼らの考えだ。彼らの研究成果は、オレゴン州ポートランドで開催された2018年「海洋科学学会(Ocean Sciences Meeting)」で2月13日に発表された。(参考記事:「眼前で激写! 人懐こいクジラのすむ海、メキシコ」

音は聞こえど姿は見えず

 科学者たちは最初からテッポウエビを探していたわけではなく、海中の雑音がコククジラのホルモンや体に及ぼす影響の研究をしていた。クジラ類はクジラもイルカも音に敏感であるため、海中の多様な音からさまざまな影響を受けている可能性があるからだ。(参考記事:「地震探査の騒音からクジラを守る指針」

 2016年、彼らはオレゴン州の沖合の寒冷な浅い海域で、漂流型の水中聴音器を使って海中の音のデータを収集する研究をはじめた。

「私たちの研究は、テッポウエビとは全然関係ありませんでした」とオレゴン州立大学の海洋音響学者ジョー・ハクセル氏は言う。「このエリアに入ったときには本当に驚きました。静かだろうと思っていた場所で、テッポウエビの立てる騒音を聞かされたのですから」。テッポウエビは亜熱帯の温暖な海域にすむとされ、これまでこの海域で確認されたことはなかった。(参考記事:「海中の謎の騒音はウニの食事の音だった」

次ページ:テッポウエビを食べているわけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加