8000年前の謎の杭刺し頭骨を発見、定説覆す

「まさかこれほどのものが出てくるとは」と研究者は困惑、スウェーデン

2018.02.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年、スウェーデン南部のムータラ川に鉄道の橋を建設する計画が持ち上がった。ところが、ここで8000年も前の遺物が発見され、考古学者による発掘調査が入ることになった。それから数年の間に、川沿いの湿地に堆積した地層のなかから動物の骨、鹿の角で作られた道具、木製の杭、そして人間の頭骨の欠片などが次々に見つかっている。

 これらは全て、8000年前の中石器時代にこの地域に住んでいた狩猟採集民が残したものだった。この調査をまとめた論文が2月9日付けの考古学専門誌「Antiquity」に掲載され、今回の発見が、この時代は死者の体に敬意を払い、丁寧に扱っていたという認識を覆すものとして注目を集めている。(参考記事:「世界最古の聖地で頭蓋骨を崇めた証拠見つかる」

 2011年、文化遺産財団のフレドリック・ハルグレン氏率いる発掘調査団が、杭が突き刺さった人間の頭骨を発見したのだ。中石器時代の狩猟採集民からこのような遺物が発見されたのは初である。(参考記事:「9500年前の奇妙な頭蓋骨、顔の復元に成功」

「動物の骨でも見つかればと思っていたのですが、まさかこれほどのものが出てくるとは。とても重要な発見です」と、ハルグレン氏は語る。

頭骨には外傷の痕も

 ムータラ川にほど近いカナルヨルデンの発掘現場には、大きな石がぎっしりと敷き詰められ、その上に9人の成人と1人の乳児の頭骨が何らかの意図を持って並べられていた。どれもあごの骨がなく、そのうち2つの頭骨の内部には状態の良い木の杭が入っていた。杭は、頭骨の下側の穴から挿入されていた。おそらく、かつて湖だったこの場所に沈められる前、人為的に入れられたものと考えられる。頭骨の1つは、まだ杭が刺さったままの状態で発見された。

 さらに、頭骨の周囲には動物の骨が置かれ、種類別に分けて並べられていた。

「人間と動物だけでなく、動物も種類によって分けていたようです」と、ハルグレン氏は解説する。

 人間の頭骨のうち2人は女性で、4人は男性、2人は20~35歳と推定される。また、乳児の体の骨もほぼ完璧な状態で見つかった。かなり小さく、恐らく死産だったか、生まれてすぐに死んだと思われる。

 頭骨にはいずれも、はっきりとした外傷の痕が認められた。頭頂部の近くに鈍器で殴られたような痕があり、他の場所にも回復した傷痕が残っている。女性の頭骨には後頭部と右側に、男性の頭骨にはそれぞれ、頭頂部と顔に一撃を受けた痕が見られる。

次ページ:誰が何のために?

おすすめ関連書籍

今の科学でここまでわかった 世界の謎99

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズ第10弾。古代文明から超常現象、宇宙、生命まで、ミステリーの全カタログ。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加