お尻から熱い化学物質を噴射して、カエルに吐き出させるミイデラゴミムシ(Pheropsophus jessoensis)
動画の説明:ミイデラゴミムシは、カエルに簡単に食べられてしまうが、のみ込まれた後も巧妙な防御機能を働かせ、自分を吐き出させる。危険にさらされると、熱い化学物質を驚くべき力で噴射する。カエルに食べられた甲虫の43パーセントが吐き出されて生き延びたという研究が発表された。

 オサムシ科ホソクビゴミムシ亜科の甲虫は、危険にさらされると、お尻のほうから高温で臭い化学物質を噴出する。俗に「屁っぴり虫」と呼ばれ、日本のほか韓国や中国に生息するミイデラゴミムシ(Pheropsophus jessoensis)もその一種だ。

 だが、それだけではない。カエルなどに食べられると、のみ込まれたあとにその「屁」を噴射して捕食者に吐き出させるという。しかも、この昆虫は両生類の消化管の中でもしばらく生き残れることが、神戸大学の杉浦真治、佐藤拓哉両氏の研究により明らかになり、2月7日付けの科学誌「Biology Letters」に発表された。(参考記事:「カマドウマの心を操る寄生虫ハリガネムシの謎に迫る」

 捕食された後に逃げ延びる生きものは他にもいる。たとえば、ヒキガエルの体内を生きたまま通り抜け、肛門から無事生還した小型のヘビ(Ramphotyphlops braminus)の例もある。だが、この種の甲虫がお尻から発する「屁」で攻撃して、捕食者にのみ込まれてさえも生き延びることが発見された例は初めてだ。(参考記事:「蚊は叩こうとした人を覚えて避ける、はじめて判明」

「大変な話題になるでしょうね」。今回の研究には関与していない米アリゾナ大学の昆虫学者、ウエンディ・ムーア氏は語る。「衝撃的です。今回の研究は人々の興味を引くし、コレクターにとっては効果絶大でしょう」(参考記事:「女性の頭から生きたゴキブリを摘出、インド」

のみ込まれてからの逆転劇

 ホソクビゴミムシの仲間は、特別珍しい甲虫ではない。南極を除くすべての大陸に500を超える種がおり、そのすべてが下腹部にある特殊な器官で毒性の強い化学物質を作り出す。

 その器官の中では、最終的に刺激性の強いベンゾキノンという物質と水(水蒸気)が高熱とともに生成される。そして、器官の特殊な形状のおかげで、高温で臭い混合物が勢いよく噴射されるというわけだ。

 こうした化学的防御の研究中、神戸大学の杉浦氏と佐藤氏は、ミイデラゴミムシを1匹のナガレヒキガエル(Bufo torrenticola)に与えてみた。カエルはすぐにのみ込んだが、44分後にカエルは餌を吐き出したという。驚いたことに、吐き出されたミイデラゴミムシは食べられる前と変わらない状態だった。

 ミイデラゴミムシが捕食者にのみ込まれる前に口から吐き出されることはわかっていたが、のみ込まれた後に吐き出されるのは初めて見ました、と杉浦氏は話す。(参考記事:「ヘビを丸のみにするカエル、衝撃写真の真相」

次ページ:およそ2時間後に吐き出された例も

おすすめ関連書籍

心を操る寄生体

奇怪なメカニズムに迫る

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税