壮絶!キングコブラ vs ニシキヘビ、共に死す

猛毒と締め付けの戦い、珍しい写真がネットで話題に

2018.02.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【参考動画】共食いをするキングコブラ。(解説は英語です)

 キングコブラは世界で最も長い毒ヘビとされ、全長5メートルに達する例もある。「ヘビを食べるもの」という意味の属名「Ophiophagus」の名の通り、キングコブラは主に他の種類のヘビを食べる。コブラは捕食する際、相手の頭部の付け根を狙って毒液を注入し、神経伝達を阻害し、体を麻痺させて死に至らしめる。(参考記事:「18種の毒ヘビに有効、画期的な血清製造法を開発」

「キングコブラは、出会ったヘビの大半を襲うと考えられます」とシーヒー氏は話す。一方のアミメニシキヘビは世界最長のヘビで、全長9メートル以上の個体もいる。捕食するときには自分の体で相手を締め付ける。通常は哺乳類を食べ、ヘビを食べることはない。(参考記事:「ヘビを締め殺すヘビ、驚異の「締め付け力」を測定」

「もしどちらかが捕食していたとするなら、キングコブラがニシキヘビを食べようとしていたのでしょう」と、バーブリンク氏は考える。「どちらも失敗しましたけどね」

人為的に仕組まれた?

 ヘビの双璧であるこの2種が自然界で出会う頻度は、明らかではない。また、この死闘をもたらした両者の出会いが自然なものであったとは必ずしもいえない、とバーブリンク氏は語る。

「確かにコブラは他のヘビを食べますが、人がふざけてこのように仕組んだとも考えられます。キングコブラを飼っている人がいますからね。もしかすると、こいつらを一緒に溝に入れたらどうなるか試してみないかって思った人がいたかもしれません。(写真の)両側に盛り土がありますから。もちろん、誰の手にもよらず、自然界の中で起こったとも考えられます。私が現場に居合わせたらよかったんですが、残念です」(参考記事:「【動画】激闘!ヒョウ vs 巨大ニシキヘビ」

 きっかけが何だったにしろ、今回の経緯は明らかだろう。キングコブラが自分にはのみ込めそうにない餌に手を出したが、それが巨大なニシキヘビだったため、ニシキヘビの得意技で反撃された。体に巻きつかれ、絞め殺されてしまったのだ。そして、ニシキヘビの体もコブラの毒には対抗できなかった。(参考記事:「【動画】ニシキヘビの中から人の遺体、詳細は」

「ニシキヘビは短時間で死んでしまったでしょう」と、シーヒー氏は話す。「30分としないうちに、どちらも死んでいたと思います」

文=Nadia Drake/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加