古代エジプト、女神ハトホルの巫女の墓を発見

4000年以上前、踊る人や革細工をする人、果物を採るサルなど多様な壁画

2018.02.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギャラリー:古代エジプト、女神ハトホルの巫女の墓(写真クリックでギャラリーページへ)
エジプトのギザ台地で発見された女神ハトホルの巫女ヘトペトの墓。保存状態の良い珍しい壁画が残る。(Photograph by MOHAMED EL-SHAHED, AFP, Getty Images)

 豪華な装飾が施された、古代エジプトの巫女の墓が考古学者らによって発見された。4000年以上も昔の、高い地位にあった女性の生活を垣間見させてくれる貴重な遺跡だ。(参考記事:「古代エジプト「金細工職人の墓」を発掘、家族か」

 この墓は、豊穣と音楽、踊りの女神ハトホルに仕えた巫女ヘトペトのものである。古代エジプトにおいて女性が神官になることは少なかったが、ハトホルに仕える神官には複数の巫女がいた。

 ハレド・エル=イナニ考古相は2月3日、ギザで行った記者会見で、これはエジプトにおける今年初めての考古学的発見であると発表した。

 墓の内部で見つかった清めのたらいにヘトペトの名前と役職が刻まれていたと、AFPが報じている。また墓には、狩りや漁の場にいるヘトペトの姿のほか、踊る人、金属を溶かす人、革製品を作る人などを描いた壁画があり、保存状態も極めて良いという。

 壁画の中には、当時ペットとして飼われていたサルを描いた珍しい場面もある。そこにはサルがカゴを持って果物を採っている様子や、楽団の前で踊っている様子が描かれている。地元のアル=アハラーム紙によると、踊るサルの絵はそれまで1つしか見つかっておらず、サッカラで発見されたカ=イベルの墓に弦楽器を弾く人の前で踊るサルの絵があったと伝えている。(参考記事:「古代エジプト ファラオのペットたち 写真24点」

 今回の墓の主が生きていた時期は、第5王朝とされる。古代エジプト最初の繁栄期である古王国時代に当たり、ピラミッドが盛んに建設された時期であり、ファラオが統治し、多数の神殿や宮殿が建造された。

 ヘトペトの名は、1909年にこの地で発掘され、ドイツに送られた遺物で知られるようになった。それから100年以上が経ち、エジプト考古最高評議会のモスタファ・ワジリ事務局長が率いるチームによって発掘されるまで、この墓自体は手つかずだった。(参考記事:「写真で見る古代の文化と副葬品14選」

 この遺跡の発掘を続け、さらなる発見ができることを期待している、とワジリ氏はギザで記者団に語っている。(参考記事:「もはや芸術、ツタンカーメンの曾祖父母のミイラ」

文=Erika Engelhaupt/訳=山内百合子

おすすめ関連書籍

消滅遺産

もう見られない世界の偉大な建造物

現地へ行っても残っていない、失われてしまった姿を写真で見る。世界から消えても、記録は残った。

定価:本体2,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加