31日はスーパーな皆既月食、35年ぶり

必見、人呼んで「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

2018.01.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月27日の皆既月食。このときも、月の軌道が地球に最接近するスーパームーンと重なっていた。(PHOTOGRAPH BY TIM LAMAN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 1月31日には、この月2回目となる満月が訪れる。おまけに、月はいつもより大きく見える。そして、それに皆既月食が重なる。運がよければ、この3つが重なった天体ショーを目撃できるはずだ。専門家によると、地球からこの3つが重なるのを観測できるのは35年ぶり。南北アメリカ大陸では、実に150年ぶりのことだという。

 今回、月が完全に満ちるのは、日本時間の31日22時27分。これは2018年1月で2回目の満月となり、月が地球に最接近するタイミングとも重なる。一般に、ひと月に2回満月が訪れる現象は「ブルームーン」、月が地球に接近した際に見える月は「スーパームーン」と呼ばれている。

 さらに珍しいのは、31日には場所によって皆既月食が観測できることだ。食の最大時には、月の表面が赤っぽく見えることから、この現象は「ブラッドムーン」とも呼ばれている。

 これらの現象が一気に重なることから、今回の天体ショーはいわば「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」だ。では、実際に観測できるのはどのような月だろうか。(参考記事:「月食にまつわる各地の神話」

皆既月食が起きると、月は赤く染まる。チリのラ・シア天文台で撮影。(PHOTOGRAPH BY BABAK TAFRESHI, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 月が地球にもっとも近づくのは、日本時間の31日20時ごろだ。このとき、ほぼ満月になった月と地球との距離は約35万9000キロとなる。31日の満月は、通常よりも約7%大きく、14%明るい。

 だが、今回の月のショーで一番印象的なのは、まちがいなく皆既月食だろう。月食は、地球が月と太陽の間に入りこみ、月が地球の影の中を通過することによって起きる。

 月食は毎月起こるわけではない。月の軌道は地球の軌道に対して傾いているので、通常は影の上か下を通過するからだ。地球の影が完全に月を飲みこむのは、平均で1年に2回だ。(参考記事:「皆既日食での綱渡りに大成功!でもちょっとヘン?」

次ページ:月はなぜ赤くなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加