人類の出アフリカは18万年前?定説覆す化石発見

イスラエルの洞窟で見つかった上顎化石は、人類史を書き換えるかもしれない

2018.01.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエルで発見されたこの顎骨の化石は約18万年前のものと推定され、アフリカの外で発見された現生人類の化石としては最古のものになる。(PHOTOGRAPH BY GERHARD WEBER, UNIVERSITY OF VIENNA)
[画像のクリックで拡大表示]

 アフリカで誕生した現生人類(ホモ・サピエンス)は、これまで考えられていた時期よりもずっと前から、アフリカの外へ出ていたようだ。イスラエルで発見された上顎の化石に関する研究成果が、科学誌『サイエンス』に発表された。

 この発見は、現生人類とネアンデルタール人などの近縁種が、地中海東岸地域で、これまで考えられていたより長い期間共存していたことを示す証拠にもなる。(参考記事:「人類3種が数万年も共存、デニソワ人研究で判明」

従来の人類史に風穴

 現生人類の誕生や移動については、つい最近まで次のように考えられてきた。現生人類が東アフリカに現れたのは今から約20万年前。アフリカ大陸からの大規模な移動が始まったのは5万~6万年前だが、小規模な移動は12万年前から始まっていたとするものだ。

 ところが2017年の6月、モロッコのジェベル・イルード遺跡で発見された化石の解析結果が、従来説に風穴を開けた。現生人類によく似たその化石は30万年以上前のものと推定され、ホモ・サピエンスの起源を大幅に遡らせる提案となった。(参考記事:「モロッコで見つかった30万年前の人類化石は初期ホモ・サピエンスか」

 イスラエルでの今回の発見は、ホモ・サピエンスが今から約18万年前にユーラシア大陸に足を踏み出していたことを示している。これまで考えられていたより5万年以上早く、モロッコでの発見を補強するものになっている。

化石が発見されたミスリヤ洞窟は、イスラエルのカルメル山の西斜面に分布する先史時代の洞窟遺跡群の一部だ。(PHOTOGRAPH BY MINA WEINSTEIN-EVRON, HAIFA UNIVERSITY)
[画像のクリックで拡大表示]

「現生人類がアフリカを出た時期を大幅に遡らせる、非常に興味深い発見です」と、オーストラリア、ニューサウスウェールズ大学の初期人類研究者ダレン・カーノー氏は言う。「ここ数十年間、人類の起源をめぐる理論に大きな変化はなく、科学的には停滞に近い状態にあったのですが、去年アフリカで最古の現生人類が発見されたことや今回の発見により、急激に変化しはじめています」(参考記事:「人種の違いは、遺伝学的には大した差ではない」

4種の独立した年代測定

 今回調べられた上顎の化石は、2002年、イスラエル北部のカルメル山のミスリヤ洞窟で見つかった。この洞窟は、数十万年にわたり、先史時代の人類が入れ替わり立ち替わり利用した岩窟住居だった。

「ヒトは、雨に濡れることなく、外から危険が迫っていないか、獲物が通らないかを確認することができる岩窟住居を好みます。ミスリヤ洞窟は、彼らが周囲を見渡すことのできるテラスの1つでした」と、オーストラリア、グリフィス大学の人類進化研究センター所長で論文の共著者であるライナー・グリュン氏は語る。

 歯と顎骨の形状を詳細に分析した研究チームは、これらがネアンデルタール人ではなく現生人類のものであるという結論に達した。

 この化石は発掘調査が始まってすぐに発見されていたが、年代測定は2014~2015年になってから行われた。最初にあまりにも意外な結果が出たため、研究チームは確証が必要だと判断し、歯の象牙質とエナメル質、顎に付着した堆積物、化石のそばで見つかった石につき、4種類の独立の年代測定法を用いた。

次ページ:詳しい年代測定の結果は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加