【動画】変な聖人マキシモン、女、酒、たばこ好き

カトリックの聖人にはできない願いをかなえてくれる!?

2018.01.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VIDEO BY BETHANY JONES

 グアテマラ、サンティアゴ・アティトランの路地。たばこの煙が立ち込める薄暗い部屋で、男たちが寝ずの番をしている。男たちは1年にわたり、「マキシモン」の世話をすることになっているのだ。マキシモンとは、マヤの土着信仰とスペイン人のカトリック信仰を起源に持つ、やんちゃな聖人のことである。(参考記事:「知ってるようで知らないマヤ文明」

 マキシモンはサン・シモンとも呼ばれ、光と闇を象徴する存在だ。女たらしである一方、一途なカップルの守護者でもあり、2つの顔を持つペテン師と考えられている。言い伝えによれば、留守がちな漁師たちが村に残した妻の貞節を守るため、マキシモンに協力を求めていたという。ところが、マキシモンは妻たちが愛する夫に変装し、手当たり次第セックスしていたそうだ。(参考記事:「【動画】ペンギンの夫と愛人の熾烈な戦い」

 現在、マキシモンの彫像は1年交代で一般家庭に預けられている。木製の体には、地元の男たちの典型的なスーツを着せられ、ペタテと呼ばれる敷物の上に置かれている。従来、聖週間のみ公開することになっていたが、巡礼者や旅行者、ブルホス(シャーマン)からの強い要望を受け、今では一年中、表に出されている。(参考記事:「シャーマンに頼る病人はなぜ増えた? 南米シャーマン信仰と医療危機」

 マキシモンの祭壇には、奇跡や健康、愛を求める人々がささげ物をしている。マキシモンの加護を得たければ、ウイスキーや手巻きたばこ、現金をささげるといい。コフラデと呼ばれる付き人たちは、マキシモンのそばでたばこや酒を楽しみながら1日を過ごす。(参考記事:「カラスは親切な少女に贈り物をするのか?」

 マキシモンを自宅に迎えることは、最高の名誉と考えられている。聖週間が来ると、マキシモンは外に出され、パレードが行われる。それから1年間、別の家で預かることになる。

 マキシモンの加護を求めているのであれば、現地でタクシーに乗るといい。マキシモンが置かれている場所まで連れて行ってくれるはずだ。旅行者は広く歓迎されているが、ささげ物は必ず準備しておこう。(参考記事:「2017年の「ベスト・トラベル・フォト」 写真28点」

文=Gulnaz Khan/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

酒と人類

9000年の恋物語

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加