【動画】猛毒グモでいっぱいの袋を切ってみた

ジョウゴグモの卵のうから毒を採取して血清を作成、オーストラリア

2018.01.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意】ジョウゴグモの卵のうを切り開いてから毒を採取するまで。(字幕は英語です)

 オーストラリアのニューカッスルに暮らすある住民が、庭で小さくて奇妙な袋のようなものを見つけた。このとき、まさか中にオーストラリアで一番危険な毒グモがいっぱい入っているとは思いもしなかった。

 だが、見た目がいかにも普通ではなかったため、ニューカッスルやシドニーから1時間ほどのオーストラリア爬虫類公園にすぐに持ち込み、詳しく調べてもらうことにした。(参考記事:「【動画】謎の構造物からクモが生まれる、種は不明」

 公園のクモ部門の責任者であるケイン・クリステンセン氏には、それがジョウゴグモの卵のうであることがただちにわかったという。

 オーストラリアでもっとも危険なクモであるジョウゴグモは、毒があるだけでなく、攻撃的であるとも言われる。1つの卵のうには、100匹ほどのジョウゴグモが詰まっている。(参考記事:「赤い「牙」を持つ謎の猛毒グモを発見、豪州」

 しかし、公園にとって、この卵のうはありがたいものだった。ジョウゴグモの毒を集め、抗毒血清をつくるオーストラリアで唯一の施設だからだ。(参考記事:「オピオイド依存に悩む米国、貝の毒で新薬開発へ」

 ジョウゴグモの収集を、公園は一般の人々に頼っている。今回持ちこまれたジョウゴグモも、公園で飼われて血清作成プログラムに役立てられることだろう。(参考記事:「生物の毒が人間を救う」

カユくてたまらない!動物たちの傑作写真30点(写真クリックでギャラリーページへ)
かわいくて微笑ましい動物たちの仕草を、ナショジオの写真コミュニティ「Your Shot」からお届けします。

文=Lulu Morris /訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加