【動画】キツネとフクロウのダンス、雪原の戯れ?

遊びなのか、決闘なのか? 専門家が分析

2018.01.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ホッキョクギツネとシロフクロウのダンス。その理由は?(解説は英語です)

 カナダのハドソン湾を訪れる観光客にとって、いちばんのお目当てはホッキョクグマだろう。しかし、2012年の11月は違った。そのときの主役は、シロフクロウホッキョクギツネだ。1週間の間、まるで遊んでいるかのように、キツネとフクロウがお互いの周りを回り合う姿が目撃されたのだ。(参考記事:「癒されると話題の赤ちゃんフクロウ、真相は?」

 アークティック・キングダムというツアー会社で探検旅行を引率しているデビッド・ブリッグス氏は、「フクロウはおおかたキツネを無視しているのですが、ときどきキツネをからかったり、刺激しているようにも見えました」と話す。動画を撮影したブリッグス氏は最近、それをナショナル ジオグラフィックに送った。

 ブリッグス氏によると、このあたりでホッキョクギツネを見かけることは多いが、シロフクロウはそれほどでもない。北極の探検旅行を率いるようになって7年経つという同氏だが、このような光景を見たのは初めてだ。(参考記事:「キタキツネを追いかけて」

「風変わりなこと、と言えるかどうかはわかりません。しかし、私たちにとっては、間違いなく喜ばしいことでした」

フクロウとキツネが遊んでいる?

 フクロウとキツネは遊んでいたのだろうか。「おそらく違うでしょう」と話すのは、スウェーデンのストックホルム大学でホッキョクギツネ・プロジェクトを率いるアンダース・アンガービョルン教授。遊ぶという行為は、大人の野生動物にとっては非常にぜいたくなことで、たいていそんな余裕はない。同氏は、キツネとフクロウは争っていたのではないかと考えている。(参考記事:「【動画】泳ぐミミズク、達者に見えるが実は必死」

 ホッキョクギツネとシロフクロウは、どちらもレミングなどの小動物を主なエサとしていて、レミングの「当たり年」には、できるだけたくさん食べようとする。2012年も当たり年だったと考えられるが、たくさん食べるための最善の方法は、競争相手を追い払うことだ。(参考記事:「有名なレミングの集団自殺は本当か」

「自分の縄張りを守ろうとしているのです」とアンガービョルン氏は説明する。「お互いのことを気に入っているわけではありません」

 アンガービョルン氏によると、ホッキョクギツネはシロフクロウのひなを殺すことがあり、逆にシロフクロウもホッキョクギツネの子を殺すことがある。しかし、大人はどちらも同じくらいの大きさであるため、この動画にあるような行動の結果、どちらかが死ぬことはめったにないという。(参考記事:「【動画】衝撃、チンパンジーが元ボスを殺し共食い」

次ページ:意外にどう猛なシロフクロウ

おすすめ関連書籍

follow me

ふゆのきつね

「National Geographic Travel Photographer of the Year」コンテスト ネイチャー部門で1位を獲得した井上浩輝による初の写真集!

定価:本体2,000円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加