【動画】沸騰したお湯が空中で凍る!その理由は?(解説は英語です)

 猛烈な寒波が米国各地を襲っている。カップに入れた熱湯も、空中にまいた途端、地面に落ちる前に氷の結晶に変わってしまうほどだ。

 そんな驚きの現象が、米ミネソタ州、バーモント州、ニュージャージー州など各地で撮影され、インターネット上を賑わしている。全米の広い範囲で氷点下の気温が続き、強い風と雪が吹き荒れているが、寒さがもたらす楽しみもあるようだ。(参考記事:「絶景、氷の世界のアドベンチャー写真21選」

 悪名高い爆弾低気圧をはじめ、ここ最近続いた天候のせいで、フロリダ州の州都タラハシーでは約30年ぶりに雪が降った。米北東部も大雪に見舞われ、ニューヨーク州などで非常事態宣言が出されている。(参考記事:「アメリカ大寒波で温暖化否定論が噴出」

熱湯が空中で雪に変わる

 話題の“極寒動画”には、どんなメカニズムがあるのだろうか。専門家に尋ねてみた。

 水を熱すると、液体状態の水にエネルギーを与えていることになる。このエネルギーが水の分子を動かして互いに遠ざけ、水は蒸発して気体の状態になる。

「沸騰したお湯を空中にまくと、熱湯は熱い水滴になります」と米国海洋大気局(NOAA)の研究者で、北極の気候が専門のタネル・ウタル氏は言う。その熱さのため、細かい水滴は蒸発し始める。だが、冷たい空気は温かい空気のように多くの水蒸気を含むことができないため、凝縮して液体になる。気温が極めて低いので、小さな水滴はたちまち凍り、氷の結晶となって落ちていく。

 この説明は、2014年に注目を集めた動画にも当てはまる。カナダ、オンタリオ州の男性が、摂氏マイナス41度(華氏マイナス41.8度)の屋外で、水鉄砲から蒸気を出しているというものだ。水鉄砲に入れた熱湯が冷気の中へと発射されると、すぐに氷の結晶になっている。(参考記事:「豪雨、竜巻、雷、台風…異常気象の衝撃写真13点」

次ページ:クリスタルのように美しい、凍るシャボン玉