コウモリを大量死させる恐怖のカビ、弱点が判明

カギは紫外線、でも洞窟のコウモリ集団に適用できる?

2018.01.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国ニューハンプシャー州で冬眠する「白い鼻症候群」に感染したトビイロホオヒゲコウモリ。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN ALVAREZ, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 北米では毎年、大量のコウモリが「白い鼻症候群」で命を落としている。有毒な白いカビに鼻を覆われるこの病気に、研究者たちは今、「光」で立ち向かおうとしている。

 学術誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』に1月2日に発表された新しい研究によると、日焼けでおなじみの紫外線が、コウモリの白い鼻症候群を引き起こすカビを死滅させることが明らかになった。北米におけるコウモリの大量死を食い止めるヒントになるかもしれない。(参考記事:「コウモリの大量駆除は是か非か?」

感染すると90%が死亡

 2006年にニューヨークの洞窟で初めて発見されて以来、約570万匹のコウモリの命を奪っている白い鼻症候群は、プセウドギムノアスクス・デストルクタンス(Pseudogymnoascus destructans、以下 P. destructans)というカビが、低温で暗い洞窟で冬眠しているコウモリの翼や鼻や耳で増殖することによって引き起こされる。(参考記事:「コウモリを体内から燃やしつくす致死性カビ」

 カビはコウモリの冬眠を妨げ、体内の化学反応を大きく乱す。感染したコウモリは冬眠中に頻繁に目覚めてエネルギーを大量に消費し、春には体力を使い果たしているため、生き残ることができない。実際、感染したコウモリの90%以上が死亡することがわかっている。

 このカビは北米のコウモリにとっては致死的だが、ユーラシア大陸のコウモリは、数百万年の共生の結果、適応している。

 米国政府と学術研究機関は、P. destructansが致死的なカビに変化した原因を探っている。研究者は実験室で、P. destructansと病原性のない6種の近縁種にDNA損傷作用のある紫外線を照射して反応を調べた。

 実験の結果、P. destructansのDNAは紫外線の照射でバラバラに切れてしまうが、それ以外のカビのDNAは紫外線照射に耐えられることがわかった。低レベルの紫外線照射に耐えられたP. destructansはわずか15%で、中レベルの照射量では99%が死滅した。LED光源の前に数秒間置いただけで、ほとんどのカビが死滅したのだ。

 論文の筆頭著者である米国農務省の植物学者ジョン・パーマー氏は、「少々意外な結果でした」と言う。

 P. destructansは、気温が4℃~20℃の暗くて涼しい洞窟内で増殖する。暗闇で育つこうした生物はたいてい、紫外線によるDNA損傷を修復する酵素を持っている。「ところがP. destructansは、この酵素を持っていないのです」と彼は言う。「だから紫外線に非常に敏感なのです」

 実験室でカビを死滅させる方法はわかった。次は、この発見を野生のコウモリの治療にどう生かすかだ。(参考記事:「「カエルの楽園」で致死的なカエルツボカビを発見」

次ページ:実際の治療は難しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加