ヘビを丸のみにするカエル、衝撃写真の真相

撮影者への独占取材に成功、2011年以来はじめて明かされるその舞台裏

2017.12.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】体の大きさが倍もあるヘビをのみ込むイエアメガエル。(字幕は英語です)

イエアメガエルの驚異の生命力

 彼女はそのとき、カエルが死ぬに違いないと確信していた。カエルの舌は刺し傷だらけで、ヘビは激しく体をくねらせていたため、いつもと違うこの食事が最後の晩さんになるのだろうと思った。

 ところが翌朝、カエルはまだ同じ場所にいた。彼女にとって、イエアメガエルはありふれた動物で、自宅のトイレからはい出すところを見たこともある。おそらくパイプの中を泳いできたのだろう。しかし、彼女はその巨大な体を見て、前日と同じカエルだと確信した。持ち上げてみると、左右の手のひらに収まりきらないほど大きかったという。(参考記事:「巨大ネズミが落ちてきた! しかも新種」

 彼女は2011年、Google+に写真を投稿。人気を呼ぶかもしれないと思っていたが、さまざまなソーシャルメディアでこれほど拡散するとは予想していなかった。なかでもいちばんはRedditだった。

 ナショナル ジオグラフィックが10月にこの写真を取り上げたとき、彼女はこの写真の人気の大きさをあらためて知り、衝撃を受けたという。(参考記事:「【動画】衝撃、ヘビの口から大きなウシ科動物」

 写真の注目度に圧倒されているとオニール氏は言いながらも、人々が自分と同じように写真を楽しみ、ようやく功績が認められたことを喜んでいる。

【連続写真で見る】ジャガーがワニをとらえた決定的瞬間、15秒の早業
めったに見られないジャガーの狩りの様子を撮影した。【写真クリックで連続写真へ】(PHOTOGRAPH BY STEVE WINTER, NATIONAL GEOGRAPHIC)

文=Sarah Gibbens/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加