この世の果て? 地獄のような絶景10選

「地獄の門」から「血の滝」まで、恐ろしくも美しい自然の驚異

2017.12.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「地獄の門」は、天然ガスが燃え続ける大穴。数十年前から燃え続けている。(PHOTOGRAPH BY GEORGE KOUROUNIS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 世界を見わたすと、壮大であるにもかかわらず、正当に評価されていない自然の驚異がいくつもある。

 例えば、トルクメニスタンにある「地獄の門」を訪れる人は、ほとんどいない。不毛の砂漠の真ん中で炎を噴き出す大穴を目撃する、またとないチャンスであるにもかかわらずだ。この大穴の起源は定かではないが、1971年に旧ソ連の地質学者が石油掘削調査をした際、装置もろとも地盤が崩落してできたものとされる。天然ガスが漏れ出したところに、彼らが火をつけたというのが有力な説だ。それ以来、この大穴は燃え続けている。(参考記事:「【動画】シベリアにできた巨大な穴、止まらぬ拡大」

 ナショナル ジオグラフィック協会も支援した2013年の探検で、ジョージ・コロウニス氏は世界で初めて、銀色の難燃性スーツを着用し、燃え盛る炎に飛び込んだ。コロウニス氏に続いた者はまだいない。

 探検家であり、ストームチェイサー(竜巻などの気象現象を追跡する人)でもあるコロウニス氏は、「人の命を奪おうとする地獄のような場所に関して、私は専門家のようなものです」と自負する。そのコロウニス氏も、恐ろしい場所の筆頭として「地獄の門」を挙げている。地獄の門にはフェンスなどない。穴の縁まで歩いて行けば、足元の地面が崩れる感覚を味わうことができる。(参考記事:「巨大竜巻との死闘」

【動画】炎を上げるミステリアスな大穴「地獄の門」を見るために、ジョージ・コロウニス氏のチームがトルクメニスタンを訪れた。(解説は英語です)

 ちなみに、地獄にたとえられている場所は「地獄の門」だけではない。イタリア南部のフレグレイ平野に行けば、硫黄の地獄絵図を垣間見ることができる。(参考記事:「超巨大火山に噴火の兆候、イタリア」

 フレグレイ平野はナポリ西方のカルデラ内にある。数万年前から何度も噴火が起こり、蒸気やガスを噴出する噴気孔がいくつも形成されている。フレグレイ平野は人気の観光地で、フェンスの外から見学できるようになっているが、時には人の命を奪うことがある。2017年9月には、国内から家族で来ていた3人が命を落とした。11歳の息子がフェンスを登って噴気孔に入ってしまい、それを両親が助けようとした際の悲劇だ。

次ページ:暗闇を流れる青い炎、インドネシア

おすすめ関連書籍

世界の果てのありえない場所

本当に行ける幻想エリアマップ

誰も知らない不思議な世界への誘い

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加