【動画】仲良く遊ぶサルと人間の子ども(解説は英語です)

 先日、インド南東部の小さな村で、幼い男の子がサルの群れと「友達になった」というニュースが伝えられた。

 動画では、たくさんのハヌマンラングールに囲まれた子どもが、サルたちにちょっかいを出してじゃれ合っている。ハヌマンラングールは、この地域に数多く暮らしている小型のオナガザルの仲間で、ヒンズー教では神の使いとされている。(参考記事:「インドの聖なるサル ハヌマンラングール」

 動画の男の子は、サルの尻尾を軽く引っ張ったり、彼らを追いかけ回したりしており、サルの方もまた、男の子の周りで跳ね回り、彼の後を追いかけている。一見したところ、その様子は人間の子どもたちがふざけあっている姿によく似ている。

 地元のマスコミはこうしたやりとりを、人間とサルとの「驚くべき友情」であると伝えている。

 人間とサルとが強い絆を結んだことが大きな話題となるのは、これが初めてではない。

 2016年4月には、インドの森の中で全裸の少女が発見され、当初は彼女がサルの群れの中で育てられたとの噂が飛び交った。後にこの情報は誤りであったことが判明したが、人々の間では、そうした関係もあり得るのではといった意見が聞かれた。アマゾンで遭難した男性が、救出された際に「サルが助けてくれた」と話した例もある。(参考記事:「「サルが助けてくれた」、アマゾンの遭難者が告白」

 どちらのケースにおいても、霊長類は人間を助けるという利他的な行動を取るものだと解釈したがる人は少なくなかった。生態学的に見て、そうした行動はあり得るのだろうか?

次ページ:サルは人を助けるか?

【参考ギャラリー】インドの聖なるサル ハヌマンラングール 8点
画像クリックでギャラリーページへ。