史上最多、215個の翼竜の卵を発見、中国

「翼竜は生まれてすぐ飛べた」とする従来説が覆されるかもしれない

2017.12.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1億年以上前に現在の中国にあたる地域にすんでいた翼竜ハミプテルス・ティアンシャネンシスの想像図。今回見つかった数百個の卵により、この翼竜の繁殖に関する理解が大幅に深まろうとしている。(ILLUSTRATION BY ZHAO CHUANG)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国北西部で、翼竜(恐竜時代の空飛ぶ爬虫類)の卵の化石が少なくとも215個発見された。これほど大量の卵が発見されたのは世界で初めて。一部の卵には、細部まで非常によく保存されている胚も入っていた。

 翼竜が研究されるようになって200年余りになるが、21世紀に入るまで卵は1個も見つかっておらず、その後に見つかった卵も合わせて10個ほどだった。このほど中国科学院の古生物学者シャオリン・ワン氏は、驚くほど保存状態の良い翼竜の卵を少なくとも215個、おそらく300個前後発見した。

 彼のチームは卵の中の胚も16個発見し、岩石の中に埋もれているものがもっとあるのではないかと推測している。科学誌『サイエンス』12月1日号に論文が発表された。

「古生物学の世界では大げさな物言いをすることが多いのですが、今回の発見は文句なしに驚異的です。科学的な研究は始まったばかりですが、この化石の存在自体が研究の流れを変える可能性があります」と、英ロンドン大学クイーンメアリー校の研究者デイビッド・ホーン氏は語る。氏は今回の研究には関与していない。(参考記事:「世界最大級の翼竜化石をモンゴルで発見、東大」

新たに発見された翼竜の2つの卵。この場所では数百個の卵が見つかっている。少なくとも125個の卵を含むひとかたまりの砂岩もあり、この砂岩の内部にはさらに多くの卵が入っている可能性がある。(PHOTOGRAPH BY WANG ET AL., SCIENCE (2017))
[画像のクリックで拡大表示]

洪水に埋もれた集団営巣地

 卵の化石は、1億年以上前に現在の中国北西部にあたる地域にすんでいた翼竜ハミプテルス・ティアンシャネンシス (Hamipterus tianshanensis)のものである。この翼竜は内陸の水辺で暮らし、翼幅は最大3mで、おそらく魚を好み、現在のサギに似ていたと考えられる。

「発掘場所はゴビ砂漠で、強風が吹き、見渡すかぎり砂だらけで、植物も動物もほとんど見られません」と、論文共著者で中国科学院に所属するシュンシン・ジエン氏は言う。「けれども、ハミプテルスが生きていた時代には、今よりはるかに良い環境でした。私たちは『翼竜の楽園』と呼んでいます」

 ハミプテルスは、失われた楽園で食事をしていただけでなく、繁殖もしていた。草地や水辺に卵をまとめて埋めていたと考えられる。今回発見された卵の化石は、激しい水流にかき乱された湖の底の堆積物層の中にあった。おそらく、嵐による洪水で営巣地が水浸しになり、水に浮かんだ卵が大きな湖まで運ばれてゆき、泥の中に埋もれたのだ。数百個の卵は一度に流されてきたわけではない。4つの別々の堆積物層に広がっていたことから、長い年月の間に複数回の洪水によって流されてきたと考えられる。

 ワン氏のチームは、翼竜の営巣地は何度も洪水の被害にあっていたのではないかと考えている。だとしたら、ハミプテルスは今日の鳥類やカメのように同じ場所で何度も営巣していたことになる。さらに卵の数の多さは、ハミプテルスが今日のある種の鳥のように大集団で営巣していた可能性を示している。(参考記事:「白亜紀末にいるはずのない小型翼竜を発見」

【参考フォトギャラリー】翼竜 太古の空のモンスター(2017年11月号)
こんなに頭が大きくて本当に飛べた? 画像クリックでギャラリーページへ。

次ページ:生まれてすぐには飛べなかった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加