ヒョウ柄の新種ガエルを発見、高速道路の廃道で

体長5センチ未満でのこぎり音のような鳴き声、アマゾン

2017.11.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
使われなくなったブラジルの高速道路で見つかった新種のカエルScinax onca。(PHOTOGRAPH BY RAFAEL DE FRAGA)
[画像のクリックで拡大表示]

 驚くような場所から新種のカエルが見つかった。その場所とは、使われなくなったアマゾンの高速道路だ。(参考記事:「ヘビを丸のみにするカエル、衝撃の写真が話題に」

 アマゾンの熱帯雨林でそのオスの鳴き声を初めて聞いたとき、研究者たちは新種ではないかと疑った。ブラジル、国立アマゾン研究所の両生類学者であるラファエル・デ・フラガ氏のチームは、のちに遺伝子分析で新種であることを確認し、科学誌「Zookeys」に発表した。

 チームは、この新種ガエルの学名をScinax oncaとした。「onca」は、このあたりに多く生息し、体の模様が似ているジャガー(Panthera onca)にちなむ。なお、oncaはアマゾン盆地で見つかった27種目のScinaxだ。

「幸運にも、サンプルを探しているときに、ジャガーも何頭か見かけました」とデ・フラガ氏は話す。ただ、チームの中には、それを不安に感じた者もいたようだ。(参考記事:「中南米に残るジャガー信仰、人をのみ込む秘薬」

 しかし、デ・フラガ氏は、「ジャガーより道路の方がはるかに危険です。衝突事故や橋の崩落によって、たくさんの人が命を落としています」と付け加えた。

 デ・フラガ氏によれば、このカエルが生息するプルス川とマデイラ川の合流地点は、「生物学的観点で見れば、とても特別な場所」だ。このあたりには、近縁のScinax iquitorumという種を含め、非常に多種多様な生きものたちのすみかとなっている。(参考記事:「新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず」

ギャラリー:50年で200種が絶滅、愛すべきカエル写真13点
(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

新種とわかる前に絶滅するものも

「Zookeys」に掲載された論文には、まだこの新種のカエルのことはよくわかっていないと記されている。

 体長は5センチメートルに満たず、オレンジ色の目をしており、白い腹には黒い斑点がある。また、メスはオスよりも大きい。

 デ・フラガ氏は、このカエルはのこぎりの音のような耳障りな鳴き声をあげ、オスの求愛音は0.1秒ほどの短さだという。

「(今回の発見は)衝撃的というほどではありません。しかし、ブラジルにおいて、この地の環境を理解しようという国内の気運が高まるのではないでしょうか」。米国自然史博物館の名誉学芸員であるダレル・フロスト氏はそう話す。なお、同氏は今回の研究には関与していない。

 アマゾンでは新種が見つかったというニュースが2日に1度のペースで入ってくるが、新種と特定される前に絶滅するものもいる。致死的なツボカビや森林伐採などのせいで、特に両生類は急速に姿を消している。(参考記事:「【動画】アマゾンで新種続々、2日に1種の割合」「「カエルの楽園」で致死的なカエルツボカビを発見」

 デ・フラガ氏は、この新種のカエルも絶滅の危機に瀕しているのではないかと考えている。高速道路の復旧計画が進めば、危機はさらに高まることになる。そうなれば、生息地が破壊されるのはこの種だけではないはずだ。

「高速道路の復旧に全面的に反対するわけではありません。このあたりの人々は、病院などの基本的なインフラから完全に切り離されているからです」とデ・フラガ氏は述べる。

「ですが、こういった地域が都会に変わり、失われてゆく生物多様性に人々が何の関心も寄せなくなる様子を見ると、とても不安になります」(参考記事:「絶滅から動物を守る! 7000種目が「箱舟」に」

文=Elaina Zachos/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加