うなるスズメバチの大群、巨大な巣の駆除動画が話題

洗濯かごが丸ごと巣に、素人はまねしないこと

2017.11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】巨大なスズメバチの巣を駆除する様子。カメラにぶつかるスズメバチの羽音は、雨音のようだ。(解説は英語です)

 米国ルイジアナ州にあるパターソン市での出来事だ。ある物置小屋の中に、スズメバチが巨大な巣をつくった。駆除を依頼されたのは、プロの駆除業者で、養蜂家でもあるジュード・ベレット氏。聞けばぞっとするような駆除劇を動画に収めてフェイスブックに投稿したところ、多くの人々の注目を集め、再生回数は数百万を超えた。(参考記事:「女性の頭から生きたゴキブリを摘出、インド」

 カメラのレンズにぶつかるスズメバチの羽音は、まるで雨が降っているかのようだ。その中を巣に向かって歩くベレット氏。そして同氏の言う「どでかいスズメバチの巣」が崩れ始めると、うなるような羽音は怒るように激しくなる。

 動画では、ハチの巣がまるで泥やボール紙を積み重ねたもののように見える。それもそのはず、スズメバチは木をかみ砕いて、紙の原料であるパルプのようにして巣を作るのだ。北米でよく見られるのはモンスズメバチである。(参考記事:「動物たちも「戦争」をするのか?」

 このような駆除作業をするとたいていはハチに刺されるが、ベレット氏が地元紙「ザ・タイムズ=ピカユーン」に語ったところでは、「今回はラッキーなことに刺されずに済んだ」という。ベレット氏は防護服で頭から足まで身を覆い、およそ45分かけて駆除を終わらせた。

 スズメバチに刺されると、死ぬこともある。中国北西部では2013年、オオスズメバチに刺された事例が相次ぎ、42人が死亡、多くの人が負傷した。(参考記事:「自然界の冷酷な首狩り虫たち」

 だが多くの場合、スズメバチは人に対して無力だ。巣には殺虫剤がまかれ、壊されてしまう。動画に収められたルイジアナ州の巣も例外ではない。

 今回のような巣を見ると、ぞっとする人が多いだろう。ハチ毒にアレルギーを持っていればなおさらだ。ベレット氏によると、巣にいたのはクロスズメバチの仲間の「Vespula squamosa」。「こいつらにいいことなんてないよ」と地元紙に語っている。(参考記事:「“太陽光発電”するスズメバチ」

 しかし実は、スズメバチは生態系のなかで重要な位置を占めていて、植物の受粉を助けたり、ハエやミツバチなどの他の虫を捕食したりする役割を担う。ドイツのように、この役目を果たさせるために法律で保護している地域もある。(参考記事:「絶滅から動物を守る撮影プロジェクト」

文=Christina Nunez/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加