【動画】北極クジラが岩場で「あかすり」、初確認

積極的に「脱皮」する行動を確認、カナダ・バフィン島

2017.11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】クジラたちが訪れる海の「あかすりエステ」(解説は英語です)

 カナダ北東部、北極圏にまたがるバフィン島の沿岸。ゴツゴツした岩が広がる浅瀬に、8頭のホッキョククジラの群れがやってきたかと思うと、岩に巨体をこすりつけはじめた。ドローンを飛ばして上空から観察すると、クジラたちは岩を利用して古い皮膚をこすり落としていた。

「ここはホッキョククジラのあかすりエステサロンだったのです」と、この場面に遭遇したカナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学の大学院生サラ・フォーチュン氏は言う。

 フォーチュン氏が11月22日に科学誌『PLoS ONE』に発表した論文によると、ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)のこの種の行動が科学者によって確認されたのは今回が初めてという。

 米国コネチカット州にあるミスティック水族館のポール・アンダーソン研究員は、「非常に面白いと思います。シロイルカ(ベルーガ)シャチがこうした行動をするのは私も知っていましたが、ホッキョククジラについては聞いたことがありませんでした」と言う。なお、アンダーソン氏は今回の研究には関与していない。 (参考記事:「【動画】シャチが集団で巨大クジラに体当たり」

クジラは脱皮する

 フォーチュン氏は、ホッキョククジラのあかすりを調べるために、はるばるバフィン島まで行ったわけではない。本来の目的は、気候変動がクジラの摂食行動に及ぼす影響を探ることだった。バフィン島とグリーンランドの間の冷たい海に生息するクジラを追跡するため、フォーチュン氏はクジラの背中に粘着タグを取り付けた。追跡していた2頭目のクジラのタグからの電波が途絶えたとき、彼女は装置が故障したのだろうと思った。(参考記事:「【動画】クジラの背中から撮影、南極海の迫力映像」

 けれどもその後、バフィン島南部のカンバーランド湾で、クジラの群れが岩に体をこすりつけているのに気づいた。よく見ると、クジラの体のあちこちから、大きく剥がれた古い皮膚がぶら下がっていた。

 クジラには、古くなった皮膚の表面が剥がれる「脱皮」があるが、このクジラたちは岩に体をこすりつけて脱皮を促していた。湾の海水を分析すると、ホッキョククジラの食料となる動物プランクトンはほとんど見られなかった。つまり、クジラたちは、食事をするためではなく、岩を利用して脱皮をするためにカンバーランド湾に来ていたのだ。(参考記事:「クジラにも利き手が? 海面近くでは、ほぼ左回り」

次ページ:40%のクジラは全身の3分の2以上の皮膚が剥がれていた

【参考ギャラリー】集団で「立ち寝」をする巨大クジラ 写真10点
画像クリックでギャラリーページへ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加