ペトラ遺跡に住み続ける73歳の男、移住を拒否

「インディ・ジョーンズ」に登場した世界遺産、中心部に残ったのは彼だけ

2017.11.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紀元前300年頃から残るペトラの遺跡。この地で暮らすベドウィンは、今はもうほとんどいない。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL MELFORD, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヨルダンにある古代都市ペトラは、1985年に世界遺産に登録された。それ以来、ユネスコとヨルダン政府は遺跡内に住むベドウィンの移住を進めてきたが、今も現地に住み続けている男がいる。(参考記事:「ペトラ遺跡、ヨルダン」

 ブドゥール族出身のモフレ・ブドゥール氏は、遺跡内で暮らし続ける数少ないベドウィンの一人だ。彼はペトラで生まれ、墓や寺院の遺跡の中で、ヤギの群れと一緒に岩の斜面を這い上がりながら育った。

 73歳になった今も、彼は自分が生まれた洞窟のすぐそばにある洞窟で暮らしている。しかし長年の間に、彼のふるさとは人里離れたへき地から、年間何万人もの人が訪れる観光名所へと変貌した。(参考記事:「彫り刻まれた柱頭、ヨルダンのペトラ遺跡」

 ジェバル・ハビス(監獄山)の裏側に位置するモフレ氏の洞窟は、観光名所からわずか5分ほど斜面を上ったところにあるが、ずっと離れた場所のように感じられる。洞窟の中は、一般的な都市のアパートより広々としていて、石壁を削って開けた窓からは光が差し込んでいる。洞窟の外には、塀で囲んだテラスと、花の咲く低木を植えた庭をこしらえた。彼は、そこへ旅行者を迎え入れてお茶を出す。植物の水やりは、冬は雨任せだが、夏にはモフレ氏が観光エリアのレストランから水を運んでくる。ヨルダンの国旗が、下の渓谷を見下ろして立っている。

「世界一美しい場所です」とモフレ氏は言う。「この場所は薬です。何か問題を抱えていても、すぐに忘れてしまいます」(参考記事:「もう見られない「失われた絶景」18選」

モフレ・ブドゥール氏。ユネスコは彼を説得して移住させようとしたが、彼はこれを拒否した。(PHOTOGRAPH BY DOMINIKA OŻYŃSKA)
[画像のクリックで拡大表示]

 砂漠にそびえる砂岩の崖を削って作られた都市ペトラは、紀元前400年から紀元106年まで、ナバテア王国の首都として栄えた。ブドゥール族がいつここで暮らし始めたのかは正確にはわかっていない。ユタ大学の人類学教授だったスティーブン・シムズ氏によると、少なくとも1500年代にはこの地域に遊牧民が暮らしていた。シムズ氏はすでに退官しているが、1980年代から90年代にかけて、ペトラ遺跡とブドゥール族について研究していた。

 ベドウィンは伝統的に、ヤギの牧畜と小規模の農業で生計を立ててきた。モフレ氏も含め、考古学遺跡の発掘や観光業で職を得た人も多い。(参考記事:「人類の旅路 アラビア半島を歩く」

 スイス人の探検家ヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルトが1812年に“発見”してからは、徐々に西洋人観光客がペトラを訪れるようになった。

「私が若い頃には、旅行者がやってきてベドウィンの家にひと月滞在することもありました」。モフレ氏はそう言い、渓谷の向こうに見える斜面を指差す。「あるカナダ人女性は、たった1人で、あの洞窟に1カ月間、寝泊まりしていました」

 時にはそうした異文化の出会いがロマンスに発展することもある。モフレ氏も例外ではなかった。彼はスイス人女性と結婚し、娘を1人もうけ、一時期はスイスとペトラを往復しながら暮らしていた。しかし結婚生活がうまくいかなくなると、彼は洞窟に戻ってきた。彼が結婚したのはそれが最後ではなかったようだ(何度結婚したのかと尋ねると、彼は最初4回と答えたが、それから首をひねり、指を追って数えた後、その数は8回まで増えていた)。(参考記事:「古代都市ペトラの遺跡、衛星画像とドローンで発見」

次ページ:彼がそこに住み続ける理由は

【参考ギャラリー】28年間たった1人で孤島に暮らし続ける男
イタリア、ブデッリ島にたった1人で28年間住み続けるマウロ・モランディ氏。彼はなぜ、孤島に住み続けるのか。(Photograph by Michele Ardu)

おすすめ関連書籍

謎を呼ぶ大建築

巨大なものには不思議がつきもの。なぜ? どうやって? どうしてここに?

定価:本体1,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加