新石器時代のワイン、世界最古の残留物を発見

東欧の国ジョージア、ワイン造りのルーツ

2017.11.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョージアの新石器時代の村で出土した土器から、世界最古のワインの残留物が見つかった。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN BATIUK)
[画像のクリックで拡大表示]

 東欧の国ジョージアの首都トビリシから30キロほど離れた肥沃な緑の谷に、泥レンガの家々が地中から突き出した小さな高台がある。ガダチリリ・ゴラと呼ばれる遺跡の発掘現場だ。今から8000年前の石器時代、ここで暮らしていた人々は、ブドウを好物としていた。彼らの残した土器には、ブドウの装飾が施されている。また、遺跡から採取した花粉を分析したところ、今は森になっている近くの丘の斜面には、かつてブドウ畑があったことがわかった。(参考記事:「酒と人類 9000年の恋物語」

 国際的な考古学者から成るチームによると、そのブドウ畑で取れたブドウは、ワインの醸造に使われていたという。とすれば、カダチリリ・ゴラとその近くの村に住んでいた人々は、現在知られている限り世界で最古のワイン醸造者ということになる。紀元前6000年、先史時代の人間がまだ石器や骨角器に頼っていた頃、すでにこの地では大規模なワイン醸造が行われていたのだ。この研究成果は、11月13日付の米国科学アカデミー紀要で発表された。(参考記事:「世界最古のワイン醸造所、アルメニア」

ジョージアのワイン醸造は、深いルーツを持つ。祖先の名が刻まれたカップから伝統の白ワインを注ぐワイン醸造者。(PHOTOGRAPH BY BRIAN FINKE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 重なった円形の家々を掘り下げていくと、大きな壺の底の部分など、埋もれていた土器の破片がいくつも発見された。さらに、そこから1キロ半離れたシュラベリ・ゴラという別の石器時代の村からも、土器のサンプルが見つかった。ここは、1960年代にも一部発掘されていた。

 米ペンシルベニア大学の考古学者パトリック・マクガバン氏がそれらを分析したところ、両方の遺跡の土器サンプルから、ワイン残留物の存在を示す酒石酸という有機化合物が検出された。

次ページ:紀元前5800~6000年と特定

おすすめ関連書籍

酒と人類

9000年の恋物語

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加