【動画】地面から火が!中国で59年続く珍光景

村人は毎日ここで湯を沸かしていた

2017.11.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】地面から出る火で湯を沸かす村人。有害な面もあるが、住民たちはそれを最大限に活用している。(解説は英語です)

 中国の南西部、重慶市長寿区のある集落には、天気にかかわらず1年中、地面から7つか8つの炎が出ている4平方メートルほどの土地がある。地元の人々は、1日2回、湯を沸かすために欠かさずそこにやってくる。かかる時間は、たったの5分ほどだ。

「昔は薪が高価だったので、私たちはときどき西の山で薪を集め、運ばなければなりませんでした。それに比べれば、ここは便利だったのです。みんな鍋を持ってきて、イモやヒユを煮る順番を待ったものです」。住民の一人であるワン・マンタン氏は、中国中央電視台のネットメディアCCTV+にそう話している。

 このような「地下の火」は、温暖な地域からシベリアのような寒い場所まで、世界中に存在する。米国ペンシルベニア州のセントラリアで50年以上前に燃え始めた火もその1つだ。原因は、落雷や人為的な火災、採掘、自然発火などさまざまだが、一度燃え始めると何十年も燃え続ける点は変わらない。

 中国の場合、こうした地下の火の原因は石炭であることが多い。石炭大国である中国では、北部だけで石炭由来の火が出ている場所が62カ所におよぶとの報告もある。重慶の火は、59年前に資源探査が入って天然ガス井を掘り当てたのがきっかけで始まった。ガス井はほとんど調査されぬまま放置され、それ以来、漏れ出している余剰ガスが燃え続けている。(参考記事:「【動画】奇怪!「呼吸」する道路を撮影」

有効利用は可能か

 この集落の住人たちは、この火を調理に使いやすいように調整して活用してきた。また、オーストラリアの「バーニング・マウンテン(燃える山)」のように観光地になっている場所もある。しかし、米アラスカ大学フェアバンクス校で地球物理学を教えるアナプマ・プラカシ氏によると、こうした火には総じてメリットよりもデメリットの方が多いという。

「火が地下で燃えれば、石炭は文字どおり食い尽くされてしまいます」と同氏。すると地面が崩壊して陥没穴ができ、建物がのみこまれたり、酸素が供給されて火が強まったりする。その結果、起伏が激しく「険しい」地形や深い穴ができることがある。(参考記事:「ハワイ 知られざる溶岩の迷宮」

 火が燃えれば、煙も出る。一酸化炭素、二酸化硫黄、石炭の粉塵などの有害物質が地中から放出されて空気が汚染されるほか、大気中の温室効果ガスも増えるだろう。「不健康以外の何物でもありません。24時間365日、これを吸い込み続けていることを考えてみてください」

 経済的な問題もある。中国の石炭は品質が高いと言われるが、こうした火によって、本来有効活用できるはずのそうした資源も燃え尽きてしまう。(参考記事:「村をのみ込む泥噴出、止まらない原因を解明」

火を消し止める方法は

 プラカシ氏は、地下の火を消すことは不可能ではないと言う。火が燃えるためには、燃料、酸素、熱という3つの要素が必要なので、そのうち1つでもなくなれば消火は可能だ。泥水などの自然物を使って地下の火を消し止めた事例もある。また、膨張する性質をもつ粘土を使って酸素を遮断したり、液体窒素を使う方法も有効だ。

 では、重慶の火はどのくらい燃え続けるのだろうか。それは誰にもわからないが、ワン氏ら地元の住民たちは、これからも何年もの間、この火のもとに通い続けるかもしれない。

「消し止めるのは不可能でしょう」とワン氏は言う。「1年中、1日たりとも、1分たりとも消えることなく燃えていますから」(参考記事:「現場に突入、消防士だから撮れた山火事の内側 写真18点」

文=Elaina Zachos/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加