【動画】クマの巨大な舌を切除、口閉じられず

生後18カ月でメロンサイズに肥大、重さ約3kg、原因は不明

2017.10.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】生後18カ月のツキノワグマ「ニャン・フトゥー」は、重さ3kgの肥大した舌を除去する手術を受けた。(字幕は英語です)

 獣医のヘザー・ベーコン氏は、保護されたクマのさまざまな病気や怪我を診てきたが、「ニャン・フトゥー」のような症例は見たことも聞いたこともなかった。

 ニャン・フトゥーは、ミャンマーのタバワ動物シェルターに保護された生後18カ月のツキノワグマだ。ピンク色のメロンのような巨大な舌が口から垂れ下がり、あごは閉じられない。それどころか、舌を引きずって歩いていたため、ばい菌をなめてしまうし、舌は傷だらけだった。(参考記事:「ツイッターきっかけで緊急手術したサイ、運尽きる」

 巨大な舌のせいで、ニャン・フトゥーは餌を食べるのも難しく、シェルターで一緒に保護されている兄弟と遊ぶこともできなくなっていた。

 そこでこの10月、英国エディンバラ大学ロイヤル(ディック)獣医学部のベーコン氏をはじめとする獣医師チームは、ニャン・フトゥーの巨大な舌を切除する手術を行った。(参考記事:「史上初、クマの脳外科手術」

「巨大な舌は、彼を本当に苦しめていました」と、クマの治療に携わるようになって10年になるベーコン氏は言う。 「彼は、正常な舌を持ったことがないのです。使い方は、これから学ばなければなりません」

4時間にわたる大手術

 2016年、タバワ動物シェルターの僧侶たちは野生動物密売人の手から幼いツキノワグマの兄弟を救い出し、ニャン・フトゥー(ミャンマー語で「聡明」という意味)とカン・フトゥーと名づけた。(参考記事:「【動画】子グマ2頭を乗せて泳ぐ母グマ、貴重映像」

 子グマたちは中国に送られ、違法に売られる予定になっていた。目的は、胆のうが分泌する胆汁だ。アジアの伝統医学では、がんから二日酔いまで、さまざまな病気の治療にツキノワグマとマレーグマの胆汁がよく使われている。(参考記事:「中国でロバ皮ブーム、アフリカで密輸が急増」

 ニャン・フトゥーの舌は、実は保護された時点ですでにバナナほどの大きさがあり、僧侶たちは地元の獣医師数人に相談した。その1人であるカイネ・マー氏からベーコン氏とアジア動物基金のキャロライン・ネルソン氏に話が伝わった。

 2016年に獣医師チームが最初の手術を行ったとき、彼らは全体を切除することをためらった。「やりすぎだと思ったのです」とベーコン氏。生後4カ月のニャン・フトゥーの体重は約4.5kgしかなく、そんな手術をするには小さすぎたのだ。「どんなふうに成長するか、まったく分かりませんでした」

違法取引の危機にさらされる希少な野生動物たち 写真8点
胆のうから胆汁を採取するために鎮静剤を投与され、床に大の字に横たわるツキノワグマ。(PHOTOGRAPH BY MARK LEONG, NATIONAL GEOGRAPHIC)

次ページ:象皮病の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加